ハンディをもつ方たちの親元を離れた週1回の宿泊トライアルの支援をしてくれるボランティアさん大募集!

福祉, 障害者, NPO, 宿泊, ボランティア

  • HOME
  • ボランティア
  • ハンディをもつ方たちの親元を離れた週1回の宿泊トライアルの支援をしてくれるボランティアさん大募集!

ハンディをもつ方たちの親元を離れた週1回の宿泊トライアルの支援をしてくれるボランティアさん大募集!

最終更新日時:2017年1月11日 01:22 投稿作成日時:2017年1月11日 01:22

カテゴリー:障害者

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,短期可,長期可
開催期間2017年1月11日~2018年12月31日
時間帯15:00~09:00
募集期間2017年1月11日~2018年12月31日
お申込方法メール, TEL
定員~3名まで
対象者18歳以上で、活動の主旨に賛同してくれる人、一緒に参加される方々と協調して行動していただける方であれば誰でも可。
*ご友人同士や団体でのご参加であっても、ボランティアさん1人1人とご連絡を取らせていただいております。よろしくお願いいたします。
料金参加費無料
料金補足説明ポテトの家での夕食・朝食、銭湯代などの費用は会で負担いたします。
経験や資格は必要ありません。ハンディのある方に接したことのない方、安心して来てください。
むしろそんな方々にたくさんのことを知ってもらい感じて欲しいと考えています。
メンバーも今まで出会ったことのない方々を会えることを楽しみにしています!
場所ポテトの家
住所東京都台東区三筋1-3-17
最寄り駅蔵前駅・新御徒町駅

担当者からのコメント

今回の募集は、毎週火曜日~金曜日におこなわれる宿泊活動に参加していただけるボランティアさんの大募集です!
場所は、東京台東区の三筋にある「ぐるーぷポテトの家」で活動をしています。

宿泊活動って何か?といいますと・・・仕事や通所施設が終わってからポテトの家に来て、より家庭に近い形で親元を離れて生活し、たくさんのボランティアと関わることで、さまざまな経験をすることを目的にしています。

何でそんなことをする必要があるのかというと・・・いつか自分の親や保護してくれる家族はいなくなってしまう。そうなったときにどうにか一人で生きていかなければならない。
ただそうなってからでは、本人や家族が望むような選択肢が必ずしも無いのがメンバーの現状です。

親も元気で、本人も元気なうちに、将来に向けて社会経験や人との協調性を培って選択肢を増やし、会の理念「生まれ育ったこの街で、あたりまえに暮らしていきたい。」をあらゆる形で実現したいのです。

と言っても活動は、ほのぼの、まったり、ワイワイな感じなんです。
仕事先や通所先から帰ってきて、美味しい夕食を食べて、テレビ見たり、雑談したり、みんなで銭湯に行って、洗濯して、就寝準備をして明日に備える。

そんな普通の生活のアシストが欲しいんです。


ボランティアさんのお仕事や学校が終わったあとふらっと寄ってみませんか?

学生の方!社会人の方!もうすでにリタイアされた方!何かボランティアをしてみたいと考えていらっしゃる方!休職や求職されている方!主婦の方!お料理の得意な方!お時間がある方!
1時間でも2時間でもメンバーと過ごしてもらうだけで十分です。
夕食だけでも、銭湯だけでも、雑談だけでもかまいません!

なんだか分からないなぁイメージわかないなぁという方、ちょっと見に来てください!ご連絡お待ちしております!

時間は、都合の良い時間だけで、構いません。
是非、ご連絡下さい。
また、HPもありますので、よかったそっちものぞいてみてください。

プロフィール

名称 NPO法人ほおずきの会成人部門ぐるーぷポテト
住所東京都 台東区 三筋1-3-17
TEL03-6240-9635
FAX03-6240-9635
E-mailpoteto@hozuki.or.jp
担当者名佐橋、田宮

紹介メディア

pagetop