トップ投稿画像

6/7ミャンマー経済特別区開発の今:環境と暮らしへの影響

投稿作成日時:2017年5月09日 12:01

地域東京都

カテゴリ国際協力,

ワンポイントチェック

開催期間2017年6月07日~2017年6月07日
時間帯18:30~20:30
募集期間2017年5月09日~2017年6月07日
お申込み方法インターネット
料金500円(単位:円)
定員50名(単位:名)
対象者
料金補足説明メコン・ウォッチ、アーユス会員は無料
場所新宿 常圓寺
住所東京都東京都新宿区西新宿7-12-5 グーグルMapを開く
最寄り駅JR線・小田急線・京王線・丸の内線 新宿駅
場所補足説明新宿駅西口改札より徒歩6分
募集詳細リンク

募集詳細

ミャンマーでは民政化の流れと共に、様々な開発事業が始まっています。中でも日本の関わるティラワとダウェイの経済特別区は、注目を集めている案件です。ティラワでは開発に伴う住民移転で様々な問題が起きた結果、事業を支援する国際協力機構(JICA)に対し住民から異議申し立てが行われました。また、ダウェイでもタイ企業の先行開発による自然破壊と暮らしへの影響が顕在化しており、タイの国家人権委員会から改善に向けた提言が出されているところです。このダウェイでも日本政府は、経済特別区を含むエリア全体の開発のプランを策定する予定です。
このセミナーでは、日本が関わる二つの事業地の様子や人々の暮らしぶり、またこのような開発に伴う問題についてお伝えします。

【日時】2017年6月7日(水)18:30~20:30(開場18:15)
【場所】常圓寺(東京都新宿区西新宿7-12-5)
【アクセス】JR線・小田急線・京王線・丸の内線、新宿駅西口改札より徒歩6分
【定員】50名
【資料代】500円(メコン・ウォッチ、アーユス会員は無料)
【申し込み】以下の詳細URLからお申込みください。

【プログラム(予定)】
・はじめに
・ダウェイ経済特別区の様子(写真とビデオ)
・ダウェイ経済特別区開発と日本の関わり
・ティラワ経済特別区の今まで、人々の願い

【共催】
特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ

【問い合せ先】
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
東京都台東区台東1-12-11青木ビル3F
Tel. 03-3832-5034

プロフィール

名称メコン・ウォッチ
住所東京都 台東区台東 1-12-11 青木ビル3F
Tel03-3832-5034
E-mail
担当者名木口

オススメのボランティア

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop