トップ投稿画像

受付中「食」を深く考える夜~第3夜~「命をいただくとは?」

投稿作成日時:2017年8月01日 15:23

地域東京都

カテゴリ国際協力,農業,食品,飢餓,

ワンポイントチェック

午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料

開催期間2017年9月01日~2017年9月01日
時間帯19:00~20:30
募集期間2017年8月01日~2017年8月31日
お申込み方法インターネット
料金無料(単位:円)
定員15人(申し込み先着順)(単位:名)
対象者
料金補足説明
場所ハンガー・フリー・ワールド事務所
住所東京都東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階 グーグルMapを開く
最寄り駅地下鉄(東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営大江戸線)・JR総武線 「飯田橋」駅
場所補足説明地下鉄「飯田橋」駅A4出口すぐ・JR総武線「飯田橋」駅東口より徒歩1分
募集詳細リンク

募集詳細

「フードロス」や「食品ロス」という言葉を聞いたことがありますか?
「まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物」のことですが、日本でも最近、節分に大量の恵方巻が廃棄処分されたことがニュースになりました。海外に目を向けてみると、大型スーパーからのフードロスを禁止する法律がフランスで可決されるなど、解決に向けたさまざまな動きも出てきています。
10月の「世界食料デー」月間に向けて、フードロスを切り口に「食」について考える会を、全4回開催します。毎回、ゲストスピーカーに話題提供をしてもらった後、「そもそもフードロスはなぜいけないの?」をテーマにディスカッションをします。
第3夜のテーマは「命をいただくとは?」。食の問題について他の人と語り合うことで、自分の考えを深め、新たな発見をしませんか?

■日時:2017年9月1日(金)19:00~20:30(受付18:50~)
■場所:ハンガー・フリー・ワールド事務所
■プログラム:
 19:00-19:30  話題提供「命をいただくとは?」慶應大学環境情報学部 菅田悠介
 19:30-20:10  ディスカッション「そもそもフードロスはなぜいけないの?」
 20:10-20:20  各グループで出た意見の共有
 20:20-20:30  まとめ・「世界食料デー」月間のご紹介
■話題提供者プロフィール:
菅田悠介(慶應大学環境情報学部)
大学一年の頃、鴨の解体を経験してから食べ残しが一切できなくなり、食料廃棄問題に興味を持つようになる。食べ物が命であったという感覚を伝えたいと思い、狩猟免許を取得し、動物を解体するイベントを主催したり、『LiFE DESiGN ViLLAGE』という団体で動物の解体講師をしたりしている。現在ペット兼食料として、ニワトリを5羽育てている。
■定員:15人(申し込み先着順)
■参加費:無料
■主催:「世界食料デー」月間2017学生有志
◆参加申し込み
下記「詳細URL」より必要事項を記入の上、送信してください。
◆お問い合わせ
「世界食料デー」月間2017学生有志(担当:小尾)

<次回予告(予定)>
第4夜 「フードロスを解決するには?」
日時:2017年10月6日(金)19:00~20:30

プロフィール

名称ハンガー・フリー・ワールド
住所東京都
Tel03-3261-4700
E-mail
担当者名糟谷知子

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ログイン
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop