トップ投稿画像

受付中JICA基金セミナー第1回 暴力を止め、グッド・ガバナンスを促進する市民社会の役割

投稿作成日時:2017年9月14日 19:47

地域東京都

カテゴリ国際協力,

ワンポイントチェック

1日だけでOK,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可

開催期間2017年10月04日~2017年10月04日
時間帯14:00~16:00
募集期間2017年9月14日~2017年10月04日
お申込み方法インターネット
料金0(単位:円)
定員(単位:名)
対象者
料金補足説明
場所聖心女子大学 4号館 4-2 小教室 1
住所東京都東京都渋谷区広尾4-2-24 グーグルMapを開く
最寄り駅東京メトロ日比谷線広尾駅
場所補足説明3・4番出口下車徒歩1分
募集詳細リンク

募集詳細

ケニア大統領選挙の事例から
=アフリカ民主主義・リーダーシップ研究所(IDEA)所長・デニス・コーデ氏を迎えて=

主催:市民ネットワーク for TICAD(Afri-can)
※協力:(特活)アフリカ日本協議会
申込:下記詳細URLで表示のページのお申し込みフォームからお申し込みください。

◎8月8日に行われたケニア大統領選では、現職のウフル・ケニヤッタ氏が勝利したかに見えましたが、9月1日、同国最高裁が再選挙を命じる判決を出し、選挙は振出しに戻りました。

◎2007年末の大統領選後に生じ、千人以上の死者を出したいわゆる「選挙後暴動」以降、ケニアの市民社会は、選挙にかかわる暴力や不正、腐敗に積極的に立ち向かってきました。今回来日した「アフリカ民主主義・リーダーシップ研究所」(IDEA)所長のデニス・コーデ氏もそのリーダーの一人です。

◎不正・腐敗や暴力のない選挙やグッド・ガバナンスを実現するには、まだまだ道半ばですが、ケニア国内ではすでに様々な取り組みがなされています。デニス・コーデ氏と、アフリカ政治研究の第一人者でコーデ氏の盟友でもある白戸圭一氏を講師に、ケニアが直面する民主主義の課題と可能性について考えます。

<お問合せ>
◎市民ネットワーク for TICAD (担当:稲場・廣内)
電話:03-3834-6902、
住所:東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F(特活)アフリカ日本協議会

プロフィール

名称ハンガー・フリー・ワールド
住所東京都
Tel03-3261-4700
E-mail
担当者名糟谷知子

オススメのボランティア

コメント掲示板

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ログイン
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop