トップ投稿画像

受付中東北震災ボランティア経験✖Oriental philosophy コラボ企画

投稿作成日時:2018年3月22日 03:19

地域大阪府

カテゴリ災害支援,その他,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティア登録/ログイン

ワンポイントチェック

学生さん歓迎!,参加無料

開催期間2018年3月25日~2018年3月25日
時間帯16:45~20:00
募集期間2018年3月21日~2018年3月24日
お申込み方法メール
料金0(単位:円)
定員5(単位:名)
対象者他サイトからも参加申込みを受け付けておりますので、申し込まれたタイミングによっては、別日でのご案内を差し上げる可能性もございます。
ご了承のうえ、お申込みをお願い申し上げます。
料金補足説明ワンドリンクオーダー制です。ご注文されたお茶代は各自負担でお願いたします。
場所梅田のカフェ(場所詳細は参加者へ個別にご案内いたします)
住所大阪府 グーグルMapを開く
最寄り駅大阪駅(JR、地下鉄等の各沿線から徒歩圏内です)
場所補足説明

募集詳細

​■テーマ​
「本当の“他のため”とは?」 
​ ​~“他のため”に自分が何をすべきか~

■プロローグ
被害者2万2千人以上とされる東日本大震災から、今年3月11日で7年。
住居や道路、鉄路などまちの形は整備されつつあるが、人々の暮らしやコミュニティーの立て直しは道半ば。福島第一原発事故の傷痕はなお深いと報道されていますが、復興支援活動の勢いは弱まり、私たちの記憶からも薄れつつあるのではないでしょうか?

今回のイベントで、震災直後に精力的に復興支援活動をされていた現地ボランティア団体の代表メンバーをお招きし、当時の活動や被災地で起こった出来事など、貴重な現地での体験を語って頂けることになりました。

“本当の他のため”とは何なのか?

このイベントに参加されたみなさんの何か少しでも気づきに繋がれば幸いです。

■当日のプログラム
 【1部】
「東日本震災ボランティア経験で見えてきた“ボランティアとは?”」
  
プレゼンター:置 晧一
 経歴:震災当初、茨城県水戸市に在住。
ヨガインストラクターとして活動する傍ら 震災直後、被災地での瓦礫撤去及び傾聴ボランティア、放射性物質の除染活動等、数々の復興支援に携わる。
明るい復興支援が話題となり、数々のメディアに取り上げられる。講演会経験も多数。

  【2部】
 「本当の“他のため”を東洋哲学の観点から解説」

 プレゼンター:真栄田 知佳
 経歴:ボランティア団体『Rita』講師。人材業界勤務。
大学時代から様々なボランティアを経て、日本語教師資格を修得。企業に勤めながらも心理学・哲学を追求した結果、東洋思想のルーツに出会う。

【座談会・フリートーク】
 参加者みなさんの感想や思いを聞かせてください☆


■お申込み 
ご氏名・メールアドレス・電話番号を記載のうえ、お申し込みください。
他のサイトでも参加者を募集していますので、申し込まれたタイミングによっては、別日の参加をお願いすることもございます。
※お申込み前に質問等がございましたら、上記と同様にご連絡願います。

キャンセルポリシー
お申込み後のキャンセルは極力ご遠慮願います。
やむを得ないご事情によりキャンセルされる際は、お早めにご連絡をお願いいたします。

プロフィール

名称縁☆カツProject
住所大阪府
Tel080-9561-1691
E-mail
担当者名松本

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティア登録/ログイン

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop