トップ投稿画像

海外保健医療勉強会「看護の国際協力ーカンボジアでの活動と帰国後のキャリア」

投稿作成日時:2013年7月12日 13:52

地域東京都

カテゴリ国際協力,

ワンポイントチェック

初心者歓迎!,学生さん歓迎!

開催期間2013年8月10日~2013年8月10日
時間帯17:00~19:00
募集期間2013年7月12日~2013年8月09日
お申込み方法メール, TEL, インターネット, FAX
料金1000円(単位:円)
定員30名(単位:名)
対象者保健医療協力分野で働くことを志す方
料金補足説明JOCS会員は500円
場所日本キリスト教海外医療協力会 東京
住所東京都新宿区馬場下町1-1早稲田SIAビル4階 グーグルMapを開く
最寄り駅東京メトロ東西線早稲田駅
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

「看護師の立場から国際協力 ~看護師の可能性∞~」
をテーマとして、2013年度の海外保健医療勉強会を好評開催中です。
看護師の資格を活かして国際協力に関わってきた(いる)講師が、キャリア形成や現場の活動に関して語ります。

第2回目は
「看護の国際協力ーカンボジアでの活動と帰国後のキャリアー」

愛知県立大学看護学部教授の柳澤理子氏をを講師として迎えます。
講師がカンボジアで母子保健や結核対策の活動に携わるまで、現場での活動の実際、そして帰国後のキャリアをたどり、国際協力に携わるとはどのようなことかを考えます。

国際保健医療分野で働くことを志す方、カンボジアに興味がある方、ぜひお越しください。
*ご希望される方には、勉強会終了後に、講師とキャリア相談の時間を設けます。

◆お申込:JOCSホームページからお申し込みください。

◆柳澤理子氏プロフィール◆
千葉大学看護学部卒、東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学専攻博士後期課程修了、1989年から約6年間、JOCSワーカーとしてカンボジアで活動、タケオ県バテ郡病院を中心に、母子保健、結核対策などに携わった。帰国後は、長野県小布施町在宅介護支援センター勤務を経て、三重県立大学看護学部、信州大学医学部保健学科などで、看護教育学、地域看護学、国際看護学などを教える。2008年から愛知県立大学看護学部教授、地域・在宅看護学、国際看護学などを教えている。


プロフィール

名称日本キリスト教海外医療協力会
住所東京都
Tel03-3208-2416
E-mail
担当者名服部

この活動と似た活動

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ログイン
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop