トップ投稿画像

受付中 連続公開セミナー「食べものの危機を考える」

投稿作成日時:2013年10月29日 17:54

地域東京都

カテゴリ国際協力,農業,

ワンポイントチェック

初心者歓迎!,学生さん歓迎!

開催期間2013年11月21日~2013年11月21日
時間帯18:30~20:30
募集期間2013年10月29日~2013年11月21日
お申込み方法メール, TEL
料金500円(共催団体会員、明治学院大学在籍者は無料)(単位:円)
定員(単位:名)
対象者
料金補足説明
場所明治学院大学 白金校舎 本館4階北ウィング1405教室
住所東京都港区白金台1-2-37 グーグルMapを開く
最寄り駅JR品川駅・目黒駅よりバス約10分 東京メトロ・都営地下鉄 白金高輪駅、 白金台駅、高輪台駅より各徒歩7分
場所補足説明

募集詳細

2007~08年にかけて急激に進んだ世界的な食料価格高騰。途上国を中心に、人々の食生活に大きな影響を与えました。
これをきっかけに、食料を安定的に確保することへの不安が高まったことで、途上国への大規模な農業投資が積極的に議論されるようになりました。

こうした農業投資が、食料価格の安定化やすべての人々に必要な食料を届ける仕組みづくりに向けられるのではなく、
途上国での大規模な土地取得、国際的な農業資本による大規模農業経営に向けられようとしており、「農地争奪」「新植民地主義」ととらえて問題視する人々もいます。

そんななかで、「農業投資」をめぐる国際的な議論は今どうなっているのか。10月に開催されたばかりの世界食料安全保障委員会(CFS)にゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン
を代表して参加した森下麻衣子さん(オックスファム・ジャパン)に、最新の情報を交えてお話しいただきます。みなさまふるってご参加ください。

<講師プロフィール>
森下麻衣子さん((特活)オックスファム・ジャパン アドボカシーオフィサー)
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。外資系投資銀行勤務を経て、国際交流を手がけるNGOの平和・開発教育プログラムに携わる。
2010年より現職。貧困削減の観点から気候変動や食料問題などに関するアドボカシー(政策提言)やキャンペーンを担う。
事前にHFW事務局までお申し込みください。その際、以下の項目をお知らせ下さい。
1)お名前、2)ご連絡先、3)ご所属(HFW会員、明治学院大在籍など)、4)ご質問など
TEL 03-3261-4700(担当:儘田)
平日10:00~21:00 土10:00~18:00

プロフィール

名称ハンガー・フリー・ワールド
住所東京都
Tel03-3261-4700
E-mail
担当者名糟谷知子

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop