トップ投稿画像

受付中国際交流基金“日本語パートナーズ”新規募集開始!

投稿作成日時:2017年10月03日 15:57

カテゴリ国際協力,子供,教育,

ワンポイントチェック

開催期間
時間帯
募集期間2017年9月01日~2017年10月19日
お申込み方法
料金(単位:円)
定員(単位:名)
対象者以下(1)~(9)のすべてを満たしていることが必要です。

(1)本事業の趣旨及び派遣制度を理解し、日本とアジアとの架け橋となる志をもっていること
(2)現地の一般的な水準の生活環境(住居、暮らしぶりなど)に対応できること
(3)満20歳から満69歳であること(生年月日が以下の期間に該当すること)
  タイ6期・ミャンマー4期:1948年7月1日から1997年10月19日まで
 インドネシア9期・ラオス3期:1948年10月1日から1997年10月19日まで
(4)日本国籍を有し、日本語母語話者であること
(5)日常英会話ができること(英語で最低限の意思疎通が図れる程度)
(6)国際交流基金が指定する派遣前研修全日程(合宿形式)に参加できること
(7)SNS、ウェブサイト等を活用して本事業の広報や活動についての情報発信に協力できること
(8)基本的なパソコン操作ができること(Eメールの送受信、簡単な文書や資料の作成など)

【インドネシア9期に応募する方】
現地での活動や滞在ビザ取得のため、(1)~(8)に加え(9)も満たしていることが必要です。
(9)4年制大学在学中であること、または4年制大学を卒業していること

【以下に該当する方は、応募前に国際交流基金アジアセンターへご連絡ください。】
◆重国籍の方、国籍留保の届出をしている方
◆本邦以外の滞在資格、査証をお持ちの方
◆現在派遣中の“日本語パートナーズ”
◆障害やLGBT等の理由により、応募・選考・派遣前研修および本事業の活動や赴任地での生活に何らかの配慮が必要と思われる方
料金補足説明
場所
最寄り駅
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

◆“日本語パートナーズ”とは?◆

“日本語パートナーズ”とは、国際交流基金アジアセンターが、アジアの教育機関で日本語を教える教師やその生徒のパートナーとして一定期間、日本から派遣する人のこと。
派遣先は主に中等教育機関、日本で言うと高校です。授業のアシスタントをしたり、日本文化を紹介したり。
また、授業以外でも多くの交流を試みてください。
きっと、あなたは‘教える’だけでなく、現地の言語や文化・習慣について‘学べる’ことでしょう。
約半年から一年未満と短い期間ですが、多くを発見・吸収し、それを周囲へ、未来へ、どんどん広げる…
そんな人になってみませんか?


現地との協議を通じて決定しますが、主として以下の活動を行っていただく予定です。

(1) 現地日本語教師が行う授業への協力
(2) 授業の教材作成等への協力
(3) 授業や課外活動における生徒との交流(日本語での会話、文化活動への協力等)
(4) 派遣される国の国際交流基金海外拠点が実施する日本語教育事業への協力
(5) その他、現地の要望に応じて、地域における日本語学習支援、日本文化紹介を通じた交流活動等

プロフィール

名称国際交流基金アジアセンター
住所東京都
Tel03-5369-6136
E-mail
担当者名桑原
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop