【11/1.2 富桜祭】写真展「僕らが見たもの」いよいよ明日です。(=゜ω゜)ノ

トップ投稿画像

【11/1.2 富桜祭】写真展「僕らが見たもの」いよいよ明日です。(=゜ω゜)ノ

投稿作成日時:2014年10月31日 15:14

地域静岡県

カテゴリ国際協力,教育,災害支援,寄付,ホームレス・住環境,その他,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

見学/体験プログラムあり,参加無料,友人と一緒に参加可

開催期間2014年11月01日~2014年11月02日
時間帯10:00~17:00
募集期間2014年10月01日~2014年11月02日
お申込み方法不要
料金入場無料(単位:円)
定員人数制限なし(単位:名)
対象者★ボランティアや国際協力、国際交流及び地域振興にご興味のある方。★
料金補足説明
場所日本大学国際関係学部
住所静岡県三島市文教町2-31-145 グーグルMapを開く
最寄り駅JR三島駅
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

日大国際たんぽぽは、Glocal(Thaink Global,Act Locul)
の考えのもとカンボジアとフィリピンの子どもたちへ支援している日本大学のゼミナールであり、NGOです。

○展示内容○
・写真展①「僕らが見たもの」
この夏に学生たちが調査をしてきたフィリピン。
リゾート地として知られているセブ島にある都市型スラム。
いまだ台風の被害が残る漁村。
私たちがこの夏「見てきたもの」を皆さんにお見せします。

・写真展②「陸前高田の海の営み」
安田菜津希氏の写真展。
studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト。
現在、カンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。
同時開催:写真展「HIVと共に生まれる~ウガンダのエイズ孤児たち~」1326教室
(共催:国際ソロプチミスト駿河、国際協力部、WSP、社会活動部CSA)

・ブース「Malaysiaを訪ねて」
春と夏に日本マレーシア協会のプログラムに参加した学生と、以前よりマレーシアに訪れていた学生とが、マレーシアの魅力をお伝えします。

・販売ブース
アジアから直接調達した学生厳選の雑貨や民芸品を販売いたします。
また、以前より行ってきた商品企画の1つとして生まれた「シフォン・SOY」の販売も行います。
こちらの販売の収益は、すべて日大国際たんぽぽが行う活動の資金源とさせていただいてます。 

プロフィール

名称日大国際たんぽぽ
住所静岡県 三島市 文教町2-31-145 本館47B研究室
Tel055-980-0712
E-mail
担当者名清水洋和
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop