トップ投稿画像

受付中あなたの町でイラクの実生活写真展を開きませんか?

投稿作成日時:2015年6月15日 18:11

地域東京都

カテゴリ国際協力,文化・アート,教育,農業,歴史・伝統,宗教,平和,

ワンポイントチェック

開催期間2015年6月15日~2015年12月31日
時間帯
募集期間2015年6月15日~2015年12月31日
お申込み方法メール
料金要相談(単位:円)
定員(単位:名)
対象者日本全国の公共施設、会社、病院、学校、など。
料金補足説明写真展開催には、写真の往復搬送、当スタッフの派遣、事業協力費などが掛かります。
場所日本全国
住所東京都 グーグルMapを開く
最寄り駅
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

アジアの文化、遺跡、博物館の保護呼びかけを行うSave the Asian Monumentsです。2014年より東京、千葉、岩手県にてイラク写真協会提供、実生活の写真展「イラク24時」を開催してきました。これらは現地人カメラマンが激写した朝から晩までの現地の生活写真です。動乱のイラクですが、日本人には知られていない、モスクの中、農村風景、お葬式の様子、母子の憩い、男たちの遊びなどリアルな生活風景が見られます。これらをあなたの町で展示してみませんか?日本ならばどこでも相談応じます。開催するにあたり、往復写真パネルの搬送費、当NGOスタッフの派遣、また事業協力費が必要になりますが、当NGO受付までご相談ください。

プロフィール

名称Save the Asian Monuments
住所千葉県
Tel080-5475-5841
E-mail
担当者名なかやま

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop