:被災された子供達の為にPTSDに対応した学習支援教室を開設します。

熊本, 被災者支援, 環境教育, 学習支援, メンタルケア

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • 緊急災害支援
  • :被災された子供達の為にPTSDに対応した学習支援教室を開設します。

:被災された子供達の為にPTSDに対応した学習支援教室を開設します。

最終更新日時:2016年8月19日 10:40 投稿作成日時:2016年9月18日 08:48

カテゴリー:環境,国際協力,子供,災害支援,平和,学習ワークキャンプ,熊本地震関連

  • 受付状況:受付中
  • 地域:熊本県
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,午後6時以降からでもOK,自宅でできる活動,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,短期可,長期可
開催期間2016年8月19日~2017年3月26日
時間帯10:00~19:30
募集期間2016年8月19日~2017年3月26日
お申込方法メール, TEL, インターネット
定員30名
対象者・熊本市内近隣にお住いの大学生
・子供達に学習指導経験のある方
・高校受験程度を教えられる方(5教科全般の指導)
・大学受験に対応できる方(理系・文系どちらも可
・心理カウンセラー
料金無料
料金補足説明※ボランティア保険に加入している方
場所熊本市・益城町
住所熊本県熊本市・益城町
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

※阪神淡路大震災や東日本大震災で培った経験を活かし・・・
私も当時被災者の一人でありましたが、東日本大震災の翌日には、地域のアクティブな学生とともにアクションを起こし、避難所へ赴き被災者からヒヤリングを行い「できる人が、できるときに、できることから取り組んで行こう。」をモットーに、全国初の被災者のためのPTSD(心的外傷後ストレス障害)に対応した、学習支援教室を開講しました。この活動は、その後も全国に広がり、現在では、東京大学をはじめとした全国の学生が被災地の子供達の為に続けています。
 
私たちは、阪神淡路や東日本大震災の経験を経て、今年5月に栃木県にある自治医科大学 精神科 教授の監修のもとPTSDに対応したヒヤリングシートを開発。そのヒヤリングシートを携え6月に熊本県に入り、行政並び避難所へ持ち込み、行政と掛け合い、実際に避難所でヒヤリング及び学習支援を行って参りました。その後も、熊本の学生さんや現在も益城町で活躍しているNPOさんとも連絡を取り、熊本の学習支援を支えております。興味のある方は、是非ご参加ください。私たちは、このような活動を全国で行っております。被災者には県境は無いし、国境なども一切存在しません。私たちは、次世代を支える子供達のために本当の意味で、模範とならなくてはならないと考え日々の活動行っております。
被災者ボランティアは、行動があって、はじめて理解できることも多く、一般の方々は、経験から多くのことを学んでいます。今回のボランティアは関東圏から10名を超えるボランティアが熊本入りします。熊本で皆さんにお会いできることを楽しみにしています。 柴田

9月~:熊本市内及び益城町で行政並びボランティアスタッフとの合同ミーティング。その後、仮設住宅または、公共施設でのPTSDに対応したヒヤリング及び子供達への学習支援。
9月~:熊本市内及び益城町での仮設住宅及び公共施設での学習支援。

プロフィール

名称NPO法人 とちぎ生涯学習研究会
住所栃木県
TEL028-633-0805
FAX028-633-0805
E-mailnietzschec01@gmail.com
担当者名柴田法幸

紹介メディア

pagetop