被災地の子どもたち、貧困の現状と求められる支援~若者NPOによる就学支援の実例から~を開催!

復興支援, 就学支援, 教育, 仙台, 本田由紀

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 被災地の子どもたち、貧困の現状と求められる支援~若者NPOによる就学支援の実例から~を開催!

被災地の子どもたち、貧困の現状と求められる支援~若者NPOによる就学支援の実例から~を開催!

最終更新日時:2013年1月11日 02:19 投稿作成日時:2013年1月11日 02:19

カテゴリー:子供,教育,災害支援

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック学生さん歓迎!
開催期間2013年1月12日~2013年1月12日
時間帯18:15~20:55
募集期間2013年1月11日~2013年1月12日
お申込方法不要
料金500円
場所北沢タウンホール11階 研修室3・4
地図リンク外部リンク
住所東京都世田谷区北沢 2 - 8 - 1 8
最寄り駅下北沢駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

東日本大震災から2年近く経ち、被災地に対するメディアや人々の関心は薄れ、震災は過去の出来事となりつつあります。しかし依然として被災前の生活状況を取り戻せず、苦しい生活を強いられている被災者は少なくありません。そのなかでもとくに貧困世帯の被災児童の状況は深刻です。もともと家庭の経済的な問題などから教育面・生活面での課題を抱えていた子どもたちは、震災のショックや仮設住宅の厳しい住環境から勉学に集中することが困難となり、ますます進学や将来に不安を抱えるようになっています。こうした貧困世帯の子どもの中には、学習指導だけでなく、生活面・精神面でのサポートが必要な子どもがいます。しかしながら、子どもの生活の全般に目を配る、継続的で意義深い支援は限られているのが現状です。
 NPO法人POSSE仙台支部では、2011年5月から取り組んでいる復興支援活動の一環として仮設住宅住民を対象とした就学支援を行っています。仮設住宅で暮らす子どもに対して学習サポートのほか、精神的なケアや生活上の問題の解決を支援するなど世帯の問題を含めた包括的なサポートを展開しています。
 今回のセミナーではそうした被災地の現状とPOSSEが行っている就学支援の活動を報告するとともに、教育問題に詳しい本田由紀東京大学大学院教授を講師としてお招きし、長年の研究から見える子どもの貧困の全体像などについてお話していただきます。そして今求められている被災地支援について議論していきます。

プロフィール

名称NPO法人POSSE
住所東京都
TEL03-6699-9375
FAX03-6699-9374
E-mailsculpcamera@gmail.com
担当者名亀田卓

紹介メディア

pagetop