リオ+20の成果と持続可能な社会構築のための民間資金・民間金融のあり方

国際協力, 環境, 持続可能, 開発, 貧困

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • リオ+20の成果と持続可能な社会構築のための民間資金・民間金融のあり方

リオ+20の成果と持続可能な社会構築のための民間資金・民間金融のあり方

最終更新日時:2013年1月25日 17:24 投稿作成日時:2013年1月25日 17:24

カテゴリー:環境,国際協力,政治,アドボカシー・人権,平和

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック1日だけでOK
開催期間2013年2月18日~2013年2月18日
時間帯18:30~21:00
募集期間2013年1月25日~2013年2月14日
お申込方法インターネット, FAX
料金1,000円
料金補足説明JACSESサポーター500円、賛助会員無料
場所会議室・内海3F教室
地図リンク外部リンク
住所東京都〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-6-15
最寄り駅JR飯田橋駅より徒歩1分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

JACSESシンポジウム
「リオ+20の成果と持続可能な社会構築のための
民間資金・民間金融のあり方」


◆背景・目的

 2012年6月に開催された「リオ+20(国連持続可能な開発会議)」では資金問題が大きな議論のひとつとなり、特に、民間資金の持続可能な開発への貢献が重視された。

 そこで、第一線の政策担当者・事業者・研究者等をお招きして、以下の目的のために、本ワークショップを開催する。

○リオ+20・民間資金に関する国内外の政策担当者・事業者・NGO・研究者・メディア・市民等の理解・取組み・相互信頼/連携/協働強化を支援する。
○国内外の経済・社会の現実を見据えた上で、持続可能な社会構築にむけた民間資金・民間金融のあり方の検討を促進する。

◆主催等

主催:特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金


◆お申し込み

「2月18日シンポジウム参加申込」と明記の上、2月14日までにJACSESウェブサイト・参加フォームから、
もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 担当:足立・田辺
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328

プロフィール

名称「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
住所東京都
TEL03-3556-7323
FAX
E-mailjacses@jacses.org
担当者名田辺有輝

紹介メディア

pagetop