「震災から2年報告会 これからも東北とつながるために ー 支援の現場から見 た被災地の今」

東日本大震災, 復興支援, 東北, 障害者, 国際協力団体

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 「震災から2年報告会 これからも東北とつながるために ー 支援の現場から見 た被災地の今」

「震災から2年報告会 これからも東北とつながるために ー 支援の現場から見 た被災地の今」

最終更新日時:2013年2月27日 21:26 投稿作成日時:2013年3月02日 15:30

カテゴリー:高齢者,障害者,災害支援,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2013年3月09日~2013年3月09日
時間帯13:00~15:30
募集期間2013年2月27日~2013年3月09日
お申込方法メール, TEL
定員180
料金無料
場所プレスセンターホール(日本プレスセンタービル 10階)
地図リンク外部リンク
住所東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル 10階
最寄り駅霞ヶ関駅、内幸町駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

東北の復興のために、個人として、企業として、そして支援団体として、これから何ができるでしょうか。
AAR Japan [難民を助ける会]は、震災発生の2日後から現在まで、岩手、宮城、福島で、特に困難な状況にある障害者の方々、原発事故の影響下にある方々への支援を中心に活動を行ってきました。

深い心の傷。故郷に帰る目途のたたない不安といら立ち。仕事の再開に立ちふさがる厚い壁。

現地で活動を続けてきたスタッフが、様々な困難に立ち向かい被災地の方々の今の姿と、現在の活動をご報告します。
特別ゲストには、AARと一緒に被災地をまわって笑顔と元気を届けている江戸家猫八さんをお招きし、猫八さんが見た被災地の姿を語っていただきます。
これからも東北とつながっていくために何ができるか、一緒に考えませんか。

プロフィール

名称AAR Japan [難民を助ける会]
住所東京都
TEL03-5423-4511
FAX
E-mailinfo@aarjapan.gr.jp
担当者名内藤裕子

紹介メディア

pagetop