【第3回】答えを創ろう!20130511

環境, 東京, 関東, 勉強会, 神奈川

熊本地震災害対応の募集ができます

【第3回】答えを創ろう!20130511

最終更新日時:2013年5月08日 01:46 投稿作成日時:2013年5月08日 01:46

カテゴリー:教育,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,短期可,長期可,友人と一緒に参加可
開催期間2013年5月11日~2013年5月11日
時間帯15:00~18:00
募集期間2013年5月08日~2013年5月11日
お申込方法メール, TEL
定員10名
料金1000円
料金補足説明場所代、会議室、飲食費込み
場所答創カフェ
住所東京都東京都渋谷区代々木5-55-6 コンフォール参宮橋306
最寄り駅小田急線参宮橋駅
場所補足説明14:50に駅改札前で待ち合わせ。着いたら連絡ください。
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

任意団体ジェイ・エヌ・アイ・プロジェクト、代表の鎌塚と申します。

答創活動、第3回目のテーマは『ボランティアを事業化するためには? 』です。


☆答創(こたつく)ってなに?☆

昨今、メディアで様々な社会問題が取りざたされていますが、なかなかに劇的な改善というわけにはいきませんよね。

新聞やニュースを見ていてムズムズした気分になったりしていませんか?


経済問題、環境問題、福祉の問題、教育の問題、いじめや自殺、うつ病の増加、食の安全性、復興支援に原発の問題・・・挙げていけばキリがありませんね。


ところで、私たちは学校教育の中で『正しい答え』を先生や教科書から教わり、『正しい答え』をテスト用紙に記入させられるといった教育を受けてきました。


では、経済不況を解決する『正しい答え』なんてあるのでしょうか?

いじめや自殺を無くす『正しい答え』はある?

汚れた水や空気を綺麗にして、豊かな自然を蘇らせる『正しい答え』はあるのでしょうか?


そう!実は『正しい答え』なんて無いんです!


ではどうする?

そう、答えが無いなら創っちゃおう!



誰かに答えをもらうのではなく、自分たちで答えを創る活動、


それが答創(こたつく)活動です。

プロフィール

名称ジェイ・エヌ・アイ・プロジェクト
住所神奈川県 神奈川県横浜市神奈川区 泉町8-7 エスポワール・ドゥ・フォンテーヌ101
TEL080-5583-3760
FAX
E-mailjni.p2011@gmail.com
担当者名鎌塚裕二郎

紹介メディア

pagetop