7月7日(日)TPAK定例トークセミナー 「七夕に震災をまだまだ考える」

震災, 医療活動, 震災ボランティア

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 7月7日(日)TPAK定例トークセミナー 「七夕に震災をまだまだ考える」

7月7日(日)TPAK定例トークセミナー 「七夕に震災をまだまだ考える」

最終更新日時:2013年6月17日 17:07 投稿作成日時:2013年7月02日 11:56

カテゴリー:災害支援

  • 受付状況:受付中
  • 地域:神奈川県
ワンポイントチェック1日だけでOK,初心者歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2013年7月02日~2013年7月07日
時間帯15:00~17:00
募集期間2013年6月17日~2013年7月07日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX
定員30
料金300円
料金補足説明お申し込みは地球市民ACTかながわ事務局までご連絡ください。
TEL/FAX:045-622-9661
E-mail:port@tpak.org
HP: http://www.tpak.org
FAcebook: http://www.facebook.com/tpak.org
場所JICA横浜国際センター 4F やまゆり 
地図リンク外部リンク
住所神奈川県神奈川県横浜市中区新港2丁目3−1
最寄り駅JR桜木町駅。または、みなとみらい線馬車道駅。

担当者からのコメント

【地球市民ACTかながわ(TPAK)の震災支援活動】
TPAKでは震災以降、岩手県釜石市の津波で崩壊した保育園の支援を行っています。
子どもと保育士のケア、夏祭りのお手伝い、新園舎再建の支援など、
毎月釜石市を訪問し活動しています。
2011年7月、仮園舎にやっと落ち着いたばかりの保育園園長先生の、
「夕涼み会を手伝って!!」の呼びかけに、
たくさんのTPAKボランティアが集まりました。

被災地の街々を、涙をこらえながら見学したあの日。
あの日から変わったことも、変わらないこともあります。
私たちは、忘れないで今年も支え合って生きて行きたいと思います。

TPAKの会員である、AMDA監事の医師 高岡邦子さんより、
東日本大震災におけるAMDAの緊急医療活動の報告と、
TPAKより、鵜住居保育園新園舎の完成報告会を行います。
そして、今年の夕涼み会に向けた話し合いもします。
ぜひご参加ください。初めてのご参加もお待ちしています。

【AMDA高岡邦子医師:プロフィール】
離島の医師になろう!と医師をめざし千葉大医学部に入学。
予防医学の重要性を知り港区「高岡クリニック」で22年間生活習慣病予防のための医療活動を行ってきた。
AMDA監事として震災直後の3月19日に岩手県大槌に災害医療コーディネーターとして赴任。

プロフィール

名称地球市民ACTかながわ/TPAK
住所神奈川県 横浜市中区本牧原 3-1-203
TEL045-622-9661
FAX045-622-9661
E-mailseminar@tpak.org
担当者名伊吾田善行

紹介メディア

pagetop