【10/30(水)】市ヶ谷・ゼロから始まったエイズ孤児支援~創設者が語るプラスの活動~を開催!

イベント

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 【10/30(水)】市ヶ谷・ゼロから始まったエイズ孤児支援~創設者が語るプラスの活動~を開催!

【10/30(水)】市ヶ谷・ゼロから始まったエイズ孤児支援~創設者が語るプラスの活動~を開催!

最終更新日時:2013年10月02日 16:23 投稿作成日時:2013年10月02日 16:23

カテゴリー:国際協力,子供,女性

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2013年10月30日~2013年10月30日
時間帯19:00~21:00
募集期間2013年10月02日~2013年10月30日
お申込方法インターネット
定員40名 ※お早めにお申し込みください。
対象者○こんな方におすすめです!
・エイズ孤児、エイズ/HIVに関心をお持ちの方
・アフリカ、子ども支援、途上国支援に関心のある方
・アフリカの教育問題に関心のある方
・社会貢献や国際協力に関心がある方
・「何かしたいけど、何ができるのかわからない!」と思っている方
料金1,000円
料金補足説明※参加費は支援事業に大切に使わせていただきます。
場所JICA地球ひろば セミナールーム601/602
地図リンク外部リンク
住所東京都新宿区市谷本村町10-5
最寄り駅市ヶ谷
場所補足説明最寄駅より徒歩約10分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

10月は、「ゼロから始まったエイズ孤児支援~創設者が語るプラスの活動~」と題して、
当会代表理事の門田が登壇します。

ウガンダとケニアでエイズ孤児支援を行うプラスは設立から7年半。
アフリカのエイズ孤児たちの過酷な現状を知り、
「何とかしたい!」と立ちあがった学生7名によってプラスは生まれました。

創設メンバーでもある代表門田が、設立間もない時期のエピソードや現地で直面した様々な壁、
それを乗り越えることができた原動力などを語ります。

また、ケニアとウガンダのエイズ孤児が直面している現状と、
それに対してプラスが行っている活動を代表の門田がお話しするとともに、
プラスの支援活動の現場にも赴いたことのある支援者の方が、
支援者目線で現地の様子、プラスの活動について語ってくださいます。

参加費は開催にかかる費用を除いた全額が
エイズ孤児支援に充てられるチャリティーイベントです。

みなさまのご参加、お待ちしております!

○スピーカープロフィール

▼門田 瑠衣子(もんだ るいこ)▼
エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事

1981年熊本県生まれ。2006年、武蔵野女子大学人間関係学部卒。
明治学院大学大学院国際学修士課程修了。
フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、
大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。
それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの
立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。
現在は、海外事業及び国内のキャンペーン事業、
ファンドレイジングなどを中心に活躍中。

2013年7月に長男を出産。現在育児に奮闘中!


○お問い合わせ
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
担当:長嶺

○申込方法
詳細URLから申込していただけます。

プロフィール

名称エイズ孤児支援NGO・PLAS
住所東京都 台東区 上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
TEL03-6803-0791
FAX
E-mailinfo@plas-aids.org
担当者名下久禰愛

紹介メディア

pagetop