博物館を使いこなすには?? 地域とともに活きるミュージアム

博物館, 市民, 意見交換

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 博物館を使いこなすには?? 地域とともに活きるミュージアム

博物館を使いこなすには?? 地域とともに活きるミュージアム

最終更新日時:2013年10月22日 17:49 投稿作成日時:2013年10月22日 17:49

カテゴリー:教育,建築,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,短期可,友人と一緒に参加可
開催期間2013年11月11日~2013年11月11日
時間帯19:00~20:30
募集期間2013年10月22日~2013年11月11日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX
定員無し
対象者全般
料金500円
料金補足説明飲み物付き
場所日能研ビル
住所東京都荒川区西日暮里5-38-5
最寄り駅西日暮里駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

日本に6,000館近くあるという「博物館」は、あなたにとって身近な存在ですか? では、図書館は?

博物館の特徴は何で、図書館や公民館とはどこがどう違うのでしょう。

博物館ではどんな人がどんな仕事をしているのでしょう。博物館ボランティアにはどんな職種があるのでしょう。市民研究員には何ができるのでしょう。

博物館の展示やイベントはどのようにできあがるのでしょう。

地域で守り伝えたいものは、博物館の建物や展示ケースの中にはいるものだけに限りません。祭りや伝統的な技術や風習など、形がないものはどうでしょう。

地域まるごとを博物館とするという「エコミュージアム」は、他の博物館やさらには「ジオパーク」(第59回参照)とどう違うのでしょう。

博物館の国際組織 ICOM は2007年に、次のように博物館の定義を改訂しました;「博物館は、社会とその発展に寄与し、一般に公開され、教育・研究・楽しみを目的として、人間とその環境の有形・無形の遺産(heritage)を、取得・保存・研究・交流(コミュニケート)・展示する非営利で常設の機関である。」この定義を受け入れるとすると、博物館のあり方、職員に求められる役割はどう変わるでしょう。

これらの問いに答えることを通して、資料・標本などの遺産と人、人と人などを、時空を超えてつなぐ博物館の可能性について一緒に考えましょう。博物館を使いこなすヒントがたくさん見つかるはずです。

プロフィール

名称NPO法人日本エコツーリズムセンター
住所東京都
TEL03-5834-7966
FAX03-5834-7972
E-maildesk@ecotourism-center.jp
担当者名井上

紹介メディア

pagetop