【無料・参加者募集】「特定秘密保護法と民主主義について」西山太吉氏 講義

特定秘密保護法, 報道, 毎日新聞, 西山事件, 民主主義

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 【無料・参加者募集】「特定秘密保護法と民主主義について」西山太吉氏 講義

【無料・参加者募集】「特定秘密保護法と民主主義について」西山太吉氏 講義

最終更新日時:2013年11月12日 15:06 投稿作成日時:2013年11月12日 15:06

カテゴリー:メディア・放送,政治,法律

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2013年11月16日~2013年11月16日
時間帯14:00~16:30
募集期間2013年11月12日~2013年11月19日
お申込方法メール, インターネット
定員30
対象者・講師/テーマに興味がある方
・政治家を志望されている方
・市民の立場から、社会を良くしたいとお考えの方
・政策に興味がある方
・日本政策学校に興味のある方
・現役の政治家の方
場所TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
地図リンク外部リンク
住所東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル
最寄り駅市ヶ谷
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

報道の自由、知る権利、様々な点から議論を呼んでいる特定秘密保護法と民主主義について、西山太吉氏におはなししていただきます。

西山氏は、1978年、外務省の機密文書を持ち出させた事による有罪判決を受けました。
その機密文書とは、1971年の沖縄返還協定の際、公式発表では米国が支払うことになっていた地権者に対する土地原状回復費400万ドルが、日本の国庫から支出していたという日米沖縄密約についてのものでした。

これらの密約の存在は明らかになりつつも、政府はいまだその存在を認めようとしません。
密約を暴いた西山氏は、特定秘密保護法の成立は、自信のような報道従事者が自由に活動できなくなるのではないかと訴えています。


今国会で安倍内閣が可決を目指す特定秘密保護法案。
特定秘密保護法の成立は、今後の日本の民主主義にどう影響を与えるのか、見解を伺います。

プロフィール

名称一般財団法人 日本政策学校
住所東京都 台東区東上野 2-18-7 共同ビル3F
TEL03-5826-4352
FAX
E-mailtani.hayata@j-policymail.org
担当者名事務局

紹介メディア

pagetop