現在進行形!対話から生まれる未来〜美術館×大学×とびラーのコミュニティデザイン

サードプレイス, コミュニティデザイン, アート, 学び合い, 共感

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 現在進行形!対話から生まれる未来〜美術館×大学×とびラーのコミュニティデザイン

現在進行形!対話から生まれる未来〜美術館×大学×とびラーのコミュニティデザイン

最終更新日時:2013年12月24日 10:47 投稿作成日時:2013年12月24日 10:47

カテゴリー:文化・アート,子供,教育,学習ワークキャンプ,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2014年2月16日~2014年2月16日
時間帯13:30~17:30
募集期間2013年12月24日~2013年12月31日
お申込方法インターネット
定員280名
対象者「とびらプロジェクト」とは、東京都美術館と東京藝術大学が連携して進める、アートを介してアートコミュニティをつくるプロジェクトです。その担い手を「とびラー」(アート・コミュニケータ)と呼びます。アートを介してコミュニティをつくる活動に興味のある方。
料金無料
場所東京藝術大学および東京都美術館
地図リンク外部リンク
住所東京都東京都台東区上野公園12-8
最寄り駅JR上野駅公園口 徒歩10分
場所補足説明上野公園内
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

日比野克彦(アーティスト)、西村佳哲(働き方研究家)、森司(東京文化発信プロジェクト室 課長)、稲庭彩和子(東京都美術館学芸員)、伊藤達矢(とびらプロジェクトマネージャ)

場所:東京藝術大学(一部)、東京都美術館(二部)
期日:平成26年 2月 16日(日)
時間:13時より
定員:280名(お申し込みはリンクから)

人びとの価値観とコミュニケーションの形はますます多様なものになりつつあります。
そんな時代だからこそ、さまざまな立場や異なった価値観を持つ人びとが集うことのできる場所の大切さが問われています。
東京都美術館と東京藝術大学は、美術館というプラットフォームを拠点にアートを介した新しいコミュニティの形を社会へと発信してきました。
その担い手となっているのがアート・コミュニケータ(とびラー)です。本フォーラムのクロストークでは「とびらプロジェクト」のキーワードを読みほどき、
さらにパネルディスカッションでは、現在進行形の「とびらプロジェクト」について設立から関わっているメンバーが熱く想いを語ります。
キーワードは「第3 の場所」「コミュニティデザイン」「アート」「きく力」「共感」「多様性」「フラット」「学び合い」。
これらのキーワードに興味のある方、是非お集まりください。アートを介した新しいコミュニケーションの「とびら」を開きましょう!

プロフィール

名称東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」
住所東京都
TEL03-3823-6921
FAX
E-mailt-ito@tobira-project.info
担当者名伊藤達矢

紹介メディア

pagetop