少年団よ、大木を抱け。 日本の森と緑の少年団の未来を考える

環境教育, 野外活動, 森林, 子ども, ワークショップ

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 少年団よ、大木を抱け。 日本の森と緑の少年団の未来を考える

少年団よ、大木を抱け。 日本の森と緑の少年団の未来を考える

最終更新日時:2014年6月09日 11:52 投稿作成日時:2014年6月09日 11:52

カテゴリー:環境,子供,教育,歴史・伝統

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック初心者歓迎!
開催期間2014年6月30日~2014年6月30日
時間帯19:00~20:30
募集期間2014年6月09日~2014年7月01日
お申込方法メール
定員なし
対象者どなたでもOK
料金500
料金補足説明ドリンク代
場所モンベルクラブ渋谷店
住所東京都渋谷区宇田川町11番5号
最寄り駅渋谷駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

映画「WOOD JOB!」でも注目されている日本の森。豊かな森は、人と自然とのつながりの必要性を改めて教えてくれます。  
豊かな森、豊かな里山には人の手が不可欠であり、多様な生態系や私たちの生活にとって大切な存在であることを、ニュースや環境教育、間伐材利用の取り組みなどから多くの人が認識しています。しかし、担い手不足や国産材利用の低迷など、森林や山村の抱える課題はまだまだ解決されず山積みのままです。 
そんな中、森を守る活動と若者を育てる「緑の少年団」という団体があります。全国3536団体、約33万人と大変大きく、昭和35年より続く歴史のある団体です。 
とはいえ、活動に参加する子供たちは減少し、森への関心が薄れつつあることを大変危惧しています。
そこで今一度、日本の森を取り巻く現状、環境教育活動やそれに関係した活動などについて国土緑化推進機構の箕輪さんから話題提供を頂き、日本の森と子供たちの未来についてみんなで考えましょう。

プロフィール

名称NPO法人日本エコツーリズムセンター
住所東京都
TEL03-5834-7966
FAX03-5834-7972
E-maildesk@ecotourism-center.jp
担当者名井上

紹介メディア

pagetop