第8期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in関西」

森林作業, 地域, 宍粟, 亀山

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 第8期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in関西」

第8期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in関西」

最終更新日時:2014年8月12日 14:35 投稿作成日時:2014年8月12日 14:35

カテゴリー:環境

  • 受付状況:受付中
  • 地域:兵庫県
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり
開催期間2014年10月05日~2015年2月08日
募集期間2014年8月12日~2014年9月26日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX, 郵送
定員10名程度
対象者18~40歳  ※初心者・経験者問いません!
 ・自然・森林が好きな人
 ・何かきっかけの欲しい人
 ・自分なら森を救える!森を救いたい!と思っている人
 ・継続して活動したい人
 ・林業は難しいと思っている人
料金 学 生: 10,000円(JUON会員: 8,000円)、社会人: 14,000円(JUON会員: 10,000円)
料金補足説明全5回分(1泊3食(+懇親会)×3回、保険料等)
 ※初回にまとめてお支払い頂きます。
   その際のご入会でも会員割引が適用されます。
  ※一度納入頂いた参加費は、返金いたしません。
  ※都市部から実習地まで、車で移動します。
   分乗にご協力頂いた場合、燃料代等は割り勘精算します。
場所宍粟市一宮町中坪 等
住所兵庫県
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

「森とつながる未来へ」

■森の現状は?
 日本では戦後、復興のために多くの木を植え、森林面積の約4割が人工林です。しかし、木材の多くを安価な輸入材にシフトしてきたため、せっかく植えられた人工林は、荒れたまま放っておかれている現状があります。荒廃した森林は本来 もつ力を発揮できず、大雨による土砂災害をおこしやすくなり、CO2を吸収する 力も弱まるため地球温暖化を防ぐ機能も低下してしまいます。

■荒れた森を元気にするには?
 人が植えた森は、下草刈りや間伐などをしないと、光が入らなくなり、森全体の木の育ちが悪くなってしまいます。森にとって、手入れはなくてはならないものです。私たちが森とつながりを持って生活をし、手入れをしていくことで、未来の森を元気にすることができます。

■リーダー講座は・・・
森林を保全する知識や作業方法が学べ、さらに
森と暮らす人とのお話の機会もある、
リーダーになるための初心者コースです。

講座を通して、森を守るだけでなく、
古くて新しい森と人との関係、継続的で切れない関係を
育むきっかけをつかんでみませんか?


─第1回 2014年 10月5日(日) 日帰り
 【大阪府大阪市】オリエンテーション・座学
─第2回 2014年 11月8日(土)~9日(日) 1泊2日
 【兵庫県宍粟市千種町】人工林保全活動、天然林等の視察
─第3回 2014年 12月6日(土)~7日(日) 1泊2日
 【兵庫県宍粟市一宮町中坪】人工林保全活動、山村の現状視察
─第4回 2015年 1月24日(土)~25日(日) 1泊2日
 【京都府亀岡市】里山保全活動、炭焼き、里山の現状視察
─第5回 2015年 2月8日(日) 日帰り
 【兵庫県神戸市】振り返り・安全について等

申込方法等は詳細URLをご覧ください

プロフィール

名称JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
住所東京都 杉並区 和田3-30-22 大学生協杉並会館内
TEL03-5307-1102
FAX03-5307-1091
E-mailjuon-office@univcoop.or.jp
担当者名岩下

紹介メディア

pagetop