JOCSパキスタン派遣医師活動報告「救ういのちに国境なし~小さな命の灯をまもるために」

国際協力, 医療, パキスタン, 医師, 活動報告

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • JOCSパキスタン派遣医師活動報告「救ういのちに国境なし~小さな命の灯をまもるために」

JOCSパキスタン派遣医師活動報告「救ういのちに国境なし~小さな命の灯をまもるために」

最終更新日時:2014年10月07日 10:16 投稿作成日時:2014年10月07日 10:30

カテゴリー:国際協力,医療・薬品

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック参加無料
開催期間2014年10月24日~2014年10月24日
時間帯15:00~16:30
募集期間2014年10月07日~2014年10月24日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX, 郵送, 当日お申込
定員20名
対象者海外の保健医療協力活動に興味にある方
料金無料
場所日本キリスト教海外医療協力会東京事務局
住所東京都新宿区馬場下町1-1早稲田SIAビル4階
最寄り駅東京メトロ東西線早稲田駅
場所補足説明東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩2分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

パキスタン中部のパンジャブ州ファイザラバードにある聖ラファエル病院で、小児科医として活動した青木盛(あおきしげる)ワーカーが、6年にわたる現地での活動を終えて帰国しました。
今後、各地の教会や協力グループをまわって、報告会を開催する前に、まず第1段として、JOCSの東京事務局でオープンオフィスを兼ねた報告会を開催いたします。

コーヒーを飲みながら、リラックスした雰囲気の中で、ゆっくりと青木ワーカーの活動報告をお聞きください。

JOCS東京事務局オープンオフィス
青木 盛(あおき しげる)ワーカー活動報告会

【報告概要】
パキスタンの病院では日本のように先端技術をもつ設備などなく、保育器も何十年も使っている手作りのものでした。衛生観念も看護や医療に対する取り組みも異なるなか、看護スタッフとぶつかって、我慢できずに怒鳴ってしまったこともありました。決して良いとは言えない医療環境で葛藤しながらも、小さな命をまもるため、現場のスタッフと共に奮闘した体験をお話します。

◆日 時 2014年10月24日(金)15:00-16:30
◆場 所 JOCS東京事務局 (東京都新宿区馬場下町1-1早稲田SIAビル4階)
     東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩2分
◆参加費 無料 
◆定 員 20名(先着順)
◆お申込 JOCSホームページよりお申込みください。
お電話(Tel: 03-3208-2416) でも、お申込みいただけます。

◆青木盛 プロフィール◆
JOCSパキスタン派遣ワーカー・小児科医
栃木県足利市出身。1998年信州大学医学部卒業。卒業後は長野県、静岡県の病院で小児科に勤務した。
2007年10月よりJOCSワーカーとしてパキスタン、パンジャブ州にあるファイザラバード聖ラファエル病院に赴任。以降、6年にわたり新生児医療に関わり、2014年9月末に帰国。

プロフィール

名称日本キリスト教海外医療協力会
住所東京都
TEL03-3208-2416
FAX03-3232-6922
E-mailinfo@jocs.or.jp
担当者名森田真実子

紹介メディア

pagetop