【JVC11・23(日)】READYFOR?連動企画 昆虫食をつまみながら考えるラオスの農村

イベント

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 【JVC11・23(日)】READYFOR?連動企画 昆虫食をつまみながら考えるラオスの農村

【JVC11・23(日)】READYFOR?連動企画 昆虫食をつまみながら考えるラオスの農村

最終更新日時:2014年11月13日 12:25 投稿作成日時:2014年11月13日 16:05

カテゴリー:環境,国際協力,食品

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,友人と一緒に参加可
開催期間2014年11月23日~2014年11月23日
時間帯18:00~20:00
募集期間2014年11月13日~2014年11月23日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX
定員15名 (最少催行人数:10名)
料金3000円
料金補足説明※READYFOR?企画支援者は無料です
場所クリエイティブOne秋葉原ビル6F JVCオフィス
住所東京都
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

東京虫食いフェスティバル前夜祭
~昆虫食をつまみながら、昆虫食のメッカ、ラオスの自然と暮らしを考える~

近年大注目を集める昆虫食。JVCが長く活動を展開するラオスは昆虫食のメッカと言える国の一つです。今回のイベントでは、食用昆虫科学研究会と昆虫料理研究会の協力を得て、レシピ本も出版するなど日本の昆虫料理会の第一人者である内山昭一さんの昆虫料理をつまみながら、今も盛んなラオスの昆虫食とそれを可能にする豊かな自然、そしてそんなラオスの農村で必要とされている支援について考えます。

登壇者プロフィール
平野将人(ひらのまさひと)
ノンポリの大学生活、5年間のジャパニーズ営業マンの日々の後に思うところあって他NGOの活動でカンボジアに2年駐在。そこでJVCを知り、英国大学院留学を経て08年よりラオス現地代表。ラオスで昆虫食に巡りあう。12年より現職。食用昆虫科学研究会会員。

内山昭一(うちやましょういち)
1950年長野県生まれ。昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表、食用昆虫科学研究会会員。幼少より昆虫食に親しみ、どうすれば昆虫はよりおいしく食べられるのか、あらゆる角度から食材としての可能性を追究。著書に、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『食べられる虫ハンドブック』[監修](自由国民社)、『人生が変わる!特選昆虫料理50』[共 著](山と渓谷社)があるほか、あらゆるメディアで昆虫食の普及・啓蒙に努めている。昆虫食彩館


申し込み/問い合わせ先
下記URLからメール、電話、FAX、申し込みフォームのいずれかでお名前とご連絡先、READYFOR?へご支援いただいた旨を明記の上、お申し込みください。
問合せ先 担当:平野
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL03-3834-2388
FAX03-3835-0519
E-mailinfo@ngo-jvc.net
担当者名大村

紹介メディア

pagetop