多文化相談ボランティア養成講座特別編~移民の記憶・マグレブの遺産(子ども編)鑑賞とお話

多文化共生, 外国人支援, 横浜, 国際協力, ボランティア

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 多文化相談ボランティア養成講座特別編~移民の記憶・マグレブの遺産(子ども編)鑑賞とお話

多文化相談ボランティア養成講座特別編~移民の記憶・マグレブの遺産(子ども編)鑑賞とお話

最終更新日時:2014年11月24日 17:40 投稿作成日時:2014年11月24日 17:40

カテゴリー:国際協力,文化・アート,教育,メディア・放送,歴史・伝統,アドボカシー・人権,移民・難民,平和

  • 受付状況:受付中
  • 地域:神奈川県
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2014年12月06日~2014年12月06日
時間帯14:00~16:00
募集期間2014年11月24日~2014年12月06日
お申込方法メール, FAX
対象者どなたでも参加可能
料金無料
場所横浜中央YMCA
地図リンク外部リンク
住所神奈川県横浜市中区常盤町1-7
最寄り駅JR・横浜市営地下鉄関内駅、みなとみらい線日本大通り駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

映画(移民の記憶・マグレブの遺産 子ども編)の鑑賞
映画を観た感想や感じたことなどの意見交換

~移民の記憶・マグレブの遺産~
フランスにおけるマグレブ(モロッコ、アルジェリア、チュニジアなどの北西アメリカ諸国)移民のルーツをたどるドキュメンタリー。第1部「父」で第2次世界大戦後に北アフリカから単身で出稼ぎにきた父、第2部「母」で1970年代の家族合流政策で地中海を渡った母、そして第3部「子ども」では、両親の母国の言葉や文化を知らずにフランスで生まれ育つ子どもを描き、3部構成を通して戦後復興の安価な労働力として、旧植民地から動員され、底辺労働に従事させられた移民とその家族の記憶を呼び覚ましていく。

プロフィール

名称横浜YMCA
住所神奈川県
TEL045-662-3721
FAX045-651-0169
E-mailkokusai@yokohamaymca.org
担当者名高村、大塚

紹介メディア

pagetop