食糧自給率UPの為の、援農ボランティアと若手農業者との交流!!

農業, 大阪

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 食糧自給率UPの為の、援農ボランティアと若手農業者との交流!!

食糧自給率UPの為の、援農ボランティアと若手農業者との交流!!

最終更新日時:2015年1月26日 23:23 投稿作成日時:2015年1月26日 23:23

カテゴリー:環境,農業

  • 受付状況:受付中
  • 地域:大阪府
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,参加無料,短期可,長期可,友人と一緒に参加可
開催期間2015年2月01日~2015年5月31日
時間帯10:00~17:00
募集期間2015年1月26日~2015年5月31日
お申込方法メール, インターネット
定員数名
対象者・男女、年齢問わず日本の食糧自給率の現状に関心のある方。
・初心者、グループでの参加も歓迎です。
料金無料
料金補足説明若手農業者より、6時間コースはお弁当プレゼント。
3時間コースは、おやつプレゼント。
(往復の交通費はご負担ください。)
場所大阪府泉州地域 くじらのペンギンハウス管理農場
住所大阪府岸和田市土生滝町2188
最寄り駅JR阪和線「東岸和田」よりバス
場所補足説明南海ウイングバス南海岸和田営業所「北坂口」バス停徒歩5分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

わたしたちが生きていくために必要な、食べ物について考えてみませんか?
食糧自給率UPの為の、援農ボランティアと若手農業者との交流!!

現在、大阪府下において(特に泉州地域)、援農ボランティアを募集しています。

全国的な農業従事者の高齢化により、
今後、遊休農地や耕作放棄地が増加することが、見込まれます。

大阪府下においても同様であり、次世代の農業を担う若手農業者に対して、
円滑に農地管理の世代交代を行っていかなくてはなりません。

しかしながら、若手農業者の絶対数が少なく、
引き継ぎが間に合っていないのが現場です。

そこで、次世代の農業者が育つまでの間、農業サポーターを募って
共に農地管理を手伝ってくださる方を広く募集します。

日本の農地を守っていただける有志を募集中です。

■援農ボランティア募集要項

対象者、月に1回から2回程度、下記のいずれかのコースで参加いただける方。
(もちろん、一回のみの参加も大歓迎です。)

定員、一日数名

参加コース
①カメさんサポーター
1日3時間程度の農作業と、30分程度の若手農業者とのお休みティータイム。
(参加のお礼に若手農業者よりドリンクとおやつをサービスさせていただきます。)

②ウサギさんサポーター
1日6時間程度の農作業と、1時間程度の若手農業者とのランチタイム。
(参加のお礼に若手農業者よりランチをサービスさせていただきます。)

参加費、無料
着衣、手袋、帽子、畑作業で汚れてもいい服、
長靴、虫よけスプレー、日焼けどめスプレー、飲み物、など

募集地区、岸和田市、和泉市、河内長野市、泉佐野市、他

■申込みは、Eメールにて下記項目をご記入のうえお申込ください。

 参加者名 
 連絡先

 希望日時とコース

 お住まいの市区町村

 交通手段

 その他質問等あればご記入ください。

プロフィール

名称くじらのペンギンハウス
住所大阪府 岸和田市土生滝町 2188 くじらのペンギンハウス
TEL080-3100-0924
FAX
E-mailinfo@ruua.jp
担当者名花野 真典

紹介メディア

pagetop