自動車整備、橋梁建設、裁縫製品作成で自立支援-ミャンマーの国境の町マウンドーより-

難民, 国際協力, ミャンマー, イスラム, UNHCR

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 自動車整備、橋梁建設、裁縫製品作成で自立支援-ミャンマーの国境の町マウンドーより-

自動車整備、橋梁建設、裁縫製品作成で自立支援-ミャンマーの国境の町マウンドーより-

最終更新日時:2015年2月01日 12:03 投稿作成日時:2015年3月14日 19:03

カテゴリー:国際協力,教育,建築,移民・難民,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2015年4月15日~2015年4月15日
時間帯18:45~20:00
募集期間2015年3月14日~2015年4月15日
お申込方法メール, TEL, インターネット
定員40名
料金500円
場所JICA地球ひろば201AB
地図リンク外部リンク
住所東京都新宿区市谷本村町10-5
最寄り駅市ヶ谷駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

1991年から1992年にかけて、約25万人のイスラム教徒住民が難民としてバングラデシュから流入してきた北ラカイン州は、仏教徒とイスラム教徒が混在する特殊な地域です。アラカン王国から1990年代初頭の難民流入、そして2012年の北ラカイン州で起きた仏教徒とイスラム教徒間の衝突。地域の歴史と民主化するミャンマー、民族が混在する国境の町という点からBAJがすべきことは何かを考えてきました。

マウンドーに難民帰還事業のためUNHCR事務所が1993年に設立され、BAJは1995年よりその事業の一部を担ってきました。自動車整備から始まり、橋梁建設、女性のための裁縫訓練へと活動範囲を広げ、現在に至っています。それぞれの活動は、これまで多くの日本人の先生を迎え、多くのスタッフを育ててきました。失業率が70%を超えると言われ、将来の不安や言葉の通じない隣人に対する不満などを、人を育てることで解決しようと現在考えています。

この度、現地駐在員が、一般外国人は入域できない現地の状況と自立支援活動の内容をお伝えします。

プロフィール

名称認定特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン
住所東京都
TEL03-3372-9777
FAX03-5351-2395
E-mailinfo@baj-npo.org
担当者名押村

紹介メディア

pagetop