受付中【5月16日(土)】 世界エイズ孤児デーチャリティパーティーin東京・茗荷谷

最終更新日時:2015年3月26日 14:17/投稿作成日時:2015年3月26日 14:17

カテゴリ:国際協力,子供,教育

地域:東京都

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!

開催期間2015年5月16日~2015年5月16日時間帯15:00~17:30
募集期間2015年3月26日~2015年5月16日お申込み方法インターネット
定員80名  ※お早めにお申し込みください。料金3,500円
対象者
○こんな方におすすめです! ・社会貢献、NPO活動、国際協力に興味のある方 ・前向きなエネルギーを感じたい方 ・色々な業界の人との人脈を広げたい方 ・アフリカの雰囲気を感じてみたい方 ・社会起業、ソーシャルイノベーションに関心のある方
料金補足説明
本イベントは、経費を除く参加費の全額がエイズ孤児支援となるチャリティーイベントです。参加するだけで、支援につながるアクションとなります!
場所株式会社シータス&ゼネラルプレス本社10階地図リンク
住所東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷最寄り駅東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分
場所補足説明詳細リンク

担当者からのコメント

プラスでは、5月16日(土)に世界エイズ孤児デーにあわせて毎年大好評の
チャリティーパーティーを開催します!

パーティーのコンセプトは「PositiveLiving~未来を切り拓く一歩」。
困難や壁を乗り越え、前向きに生きるアフリカのエイズ孤児たち。
プラスが出会ってきた子どもたちの姿は、プラスの団体名の由来
(Positive Living through AIDS Orphan Support)にもなっています。

パーティーでは【未来を切り開く一歩】をテーマに、ジュエリーブランドHASUNAの代表取締役白木夏子さんをゲストに迎え、当会代表の門田とのスペシャルトークを予定しています。

インドの鉱山採掘現場で働く子供たちの悲惨な労働の実態に衝撃を受け、
紛争や児童労働と無縁で、環境にも配慮したジュエリービジネスを立ち上げた白木夏子さんと、ケニアの孤児院でのエイズ孤児の姿に衝撃を受け、プラスを立ち上げた当会代表理事の門田。友人同士でもあり、互いに途上国の現状に対してのアクションを、組織を立ち上げて実践してきた、同年代の女性起業家同士でもある二人。途上国というフィールドにあって困難にぶつかりながらも、前向きに未来を切り拓いてきた二人のトークに「よし、自分もこれをやってみよう!」と
背中を押されるのではないかと思います。

楽しみながらチャリティに参加したい方、明日に向けて前向きなエネルギーを感じたい方、アフリカの雰囲気を体感したい方、社会貢献に一歩を踏み出してみたい方、そんな方におすすめです!

参加費は開催にかかる費用をのぞき、全額がエイズ孤児支援に充てられるチャリティパーティーです。みなさまのご参加お待ちしております!

●ゲスト紹介:白木夏子(しろきなつこ)さん
英ロンドン大学卒業後、国際機関、金融業界を経て2009年4月に株式会社HASUNAを設立。人、社会、自然環境に配慮したエシカルなジュエリーブランドを日本で初めて手掛ける。日経ウーマンオブザイヤー2011受賞、2011年世界経済フォーラムGSCメンバー選出、2012年 APEC日本代表団としてWomen and Economy会議に参加。雑誌やウェブはじめ様々なメディアに出演し、いま最も注目を浴びる女性起業家の一人。

プロフィール

名称
住所東京都 台東区 上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
Tel03-6803-0791
E-mailinfo@plas-aids.org
担当者名下久禰愛

紹介メディア

紹介メディア

pagetop