5年後の日本を考える!ワーク-外国をルーツにもつ女子高生の願い-

国際協力, 多文化共生, 教育

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 5年後の日本を考える!ワーク-外国をルーツにもつ女子高生の願い-

5年後の日本を考える!ワーク-外国をルーツにもつ女子高生の願い-

最終更新日時:2015年5月06日 18:52 投稿作成日時:2015年5月06日 18:52

カテゴリー:国際協力,子供,教育,移民・難民

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,外国語と触れ合える,友人と一緒に参加可
開催期間2015年5月23日~2015年5月23日
時間帯18:00~20:00
募集期間2015年5月06日~2015年5月23日
お申込方法メール
定員30
対象者国籍問わずどなたでも参加OK
料金1000円
場所板橋区立グリーンホール 1階 503会議室
地図リンク外部リンク
住所東京都
最寄り駅東武東上線 大山駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

大人になったら、したいこと。
     
    -外国をルーツにもつ女子高生の願い-

イラン出身高校1年生、サラちゃん。

外国籍ゆえの障害を乗り越え、この春晴れて進学しました。

どんな障害があったか?どうやって乗り越えたのか?
日本の教育制度は?

サラちゃんが持つ将来の夢に耳を傾け、
すべての子どもたちが教育を受られる社会にするにはどうすればよいのか?
みんなで考えます!

【タイムスケジュール】
・自己紹介
・ある家族のストーリー
・みんなでグループワーク

定員になり次第締め切ります。(30名まで)

------------------------------------------------------------
団体紹介


特定非営利活動法人 ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY
(略称:APFS)

国境をこえて、共にいきるAPFS

地域社会に暮らす外国人住民と日本人住民が共に生き、
助け合う社会の実現をめざして活動しています。


加藤丈太郎(NPO法人APFS代表理事)

留学先で人種差別を目の当たりにし、外国人の人権問題に関心を持つ。
2010年4月に脱サラし、APFSの代表となる。海とビールが好きな33歳!

現在、上智大学の講師としても活躍中。

プロフィール

名称APFS
住所東京都
TEL03-3964-8739
FAX03-3579-0197
E-mailinfo@npo-apfs.com
担当者名加藤

紹介メディア

pagetop