震災復興支援ボランティア活動を事例としてFacebook、Twitterの活用方法

震災支援, ボランティア活動, 東北, SNS, Facebook

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 震災復興支援ボランティア活動を事例としてFacebook、Twitterの活用方法

震災復興支援ボランティア活動を事例としてFacebook、Twitterの活用方法

最終更新日時:2012年8月27日 01:10 投稿作成日時:2012年8月27日 01:10

カテゴリー:コンピューター・テクノロジー,災害支援,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,短期可,長期可,友人と一緒に参加可
開催期間2012年9月01日~2012年9月01日
時間帯18:00~22:00
募集期間2012年8月27日~2012年9月01日
お申込方法メール, TEL, インターネット, 当日お申込
定員10名
対象者〇Facebook、Twitterの初心者の方
・Facebook、Twitterをこれから始めたい方。
・Facebook、Twitterを始めたが使い方が分からない方。
・企業、団体の広報で活用を模索されている方。
・ボランティア活動でのSNS活用事例を知りたい方。

〇ボランティアに関心、興味のある方
本セミナーは震災復興支援の一環として行っています。
企業様の収益目的でのSNS活用ではないことをご理解ください。
料金3000円
料金補足説明※レガーミの活動を支援してくださる方は、1000円 で参加できます。

レガーミの活動を支援とは・・・

・Facebookでレガーミグループに参加していただくこと。
・レガーミFacebookページの投稿で感銘を受けた記事をシェアをしていただくこと。
・レガーミTwitterで、感銘を受けたツィートをリツィートしていただくこと。
場所渋谷周辺
住所東京都渋谷周辺
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

Facebook、Twitterは最初はわかりにくいです。
書籍をよんだり、インターネットで検索したり、知人に聴いたりして覚えていきますが、時間がかかってなかなか使いこなせません。

本セミナーは、初級者の方が短期間で使いこなせるようになることをフォローする目的で行います。

そして、本セミナーだけの受講だけでなく、ボランティア活動をとおしてソーシャルメディアを使っていくことで、より理解が深まります。

あなたも、ソーシャルメディアでボランティア活動を支援してみませんか?

プロフィール

名称LEGAMI
住所東京都
TEL090-1325-8463
FAX
E-mailyoshiiikoba@gmail.com
担当者名小林由憲

紹介メディア

pagetop