子どもたちの声が、世界をかえる~『第1回「世界子どもの日」映像スピーチコンテスト』

子ども, 人権, 平和, スピーチ, チャリティ

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 子どもたちの声が、世界をかえる~『第1回「世界子どもの日」映像スピーチコンテスト』

子どもたちの声が、世界をかえる~『第1回「世界子どもの日」映像スピーチコンテスト』

最終更新日時:2015年10月22日 22:38 投稿作成日時:2015年10月22日 22:38

カテゴリー:国際協力,文化・アート,子供,教育,メディア・放送,政治,法律,アドボカシー・人権,平和,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2015年10月22日~2015年11月08日
時間帯00:00~00:00
募集期間2015年10月22日~2015年11月08日
お申込方法メール, インターネット, 郵送
対象者日本在住の中学・高校生(中学卒業者および高校中退者も参加可能)/国籍不問
料金無料
場所なし
住所東京都
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

この度、ヒューマンライツ・ナウは、「世界子どもの日」にちなんで、映像スピーチコンテストを開催し、応募を開始致しました。
このスピーチコンテストでは、子どもたち(中高生)が「子どもの人権・権利」、「世界や日本の子どもたちの置かれた状況と人権の大切さ」、「身近なところで感じた人権の大切さ」などについてスピーチを行います。
子どもたちが、思い思いに人権について学び、考え、そして語った内容を録画したものをヒューマンライツ・ナウ選出の審査員により審査をします。そして、優勝者をHRN主催の『「世界子どもの日」チャリティーウォーク&ラン2015』へご招待し、閉会式でスピーチを披露いただくよう計画しております。
この企画を通して、「世界子どもの日」が目指している子どもたちの人権保障や幸せ、お互いを理解しあうことにつながっていけばと思います。そして、より平和で、一人ひとりが尊重される世界を、子どもたち自身が築いてくれるはずと信じ、子どもたちの声や勇気が、世界を変えていくような試みを実施していきたいと思います。

◆テーマ◆
「子どもの権利」。子どもたちにとっての人権・権利、世界や日本の子どもたちの置かれた状況と人権の大切さ、身近なところで感じた人権の大切さなどについて。

◆対象者◆
日本在住の中学・高校生(中学卒業者および高校中退者も参加可能)/国籍不問

◆募集期間◆
2015年9月28日(月)~2015年11月8日(日)
◆応募方法◆
※詳細は、特設ウェブサイトをご覧ください。

◆審査員◆
後藤弘子氏、濱田邦夫氏、Faith Amano 氏、堀 潤氏、三浦まり氏、安田菜津紀氏

◆主催・問い合わせ先◆
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局(担当:土屋)

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
TEL03-3835-2110
FAX03-3834-1025
E-mailinfo@hrn.or.jp
担当者名伊藤和子

紹介メディア

pagetop