連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2015年度第1回 日本の農業から考える、世界の食料問題

イベント

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2015年度第1回 日本の農業から考える、世界の食料問題

連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2015年度第1回 日本の農業から考える、世界の食料問題

最終更新日時:2015年11月04日 20:05 投稿作成日時:2015年11月04日 20:05

カテゴリー:国際協力

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2015年11月26日~2015年11月26日
時間帯18:30~20:30
募集期間2015年11月04日~2015年11月26日
お申込方法メール
定員50名
料金500円
料金補足説明共催団体会員、明治学院大学在籍者は無料
場所豊島区民センター 第13会議室
地図リンク外部リンク
住所東京都東京都豊島区東池袋1-20-10
最寄り駅JR池袋駅
場所補足説明東口より徒歩5分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

今年で8年目を迎える「食べものの危機を考える」公開連続セミナー。昨年は、貧困削減や持続可能性の観点からも世界的に見直されつつある「家族農業」をテーマに据えました。2015年度の第1回目・第2回目セミナーでは、日本の農業の課題や展望に目を向けます。それぞれの視点から日本の農業政策に問題提起を行い、代替案を自ら実現すべく、現場の最前線でご活躍されるお二人をお迎えし、「あるべき日本の農業の姿」についてお話しをうかがいます。こうした日本の農業に向き合う取り組みが、世界規模で見た食料問題とどうつながり、どのような意味を持つかについて一緒に考えていきましょう。

<第1回講師プロフィール>
下山久信さん
農事組合法人 さんぶ野菜ネットワーク常勤理事兼事務局長、(特活)全国有機農業推進協議会 事務局長、(株)さんぶ美杉野ファーム 代表取締役
山武郡市農協勤務中、有機部会を設立。有機農産物の生産・販売・普及などに従事する。また、有機農業の研修生・新規就農希望者の受け入れに積極的に関わる。

*「食べものの危機を考える No.7」プレゼント
当日ご来場の方に、世界的に見直されつつある家族農業の可能性や課題をコンパクトにまとめた小冊子(A5・20ページ)を無料でお配りします。

【共催】(特活)アフリカ日本協議会、(特活)日本国際ボランティアセンター、(特活)オックスファム・ジャパン、(特活)ハンガー・フリー・ワールド

【お申し込み】
件名を、「11/26 第1回食べものの危機を考えるセミナー申し込み」として、メール(アドレスは詳細URLよりご確認ください)でお申し込みください。
(特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド(担当:米良))

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:米良)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階

プロフィール

名称ハンガー・フリー・ワールド
住所東京都
TEL03-3261-4700
FAX03-3261-4701
E-mailinfo@hungerfree.net
担当者名糟谷知子

紹介メディア

pagetop