【学校・団体向け】体験型食育教材「もったいない鬼ごっこ」指導研修会

フードロス, 食料問題, 飢餓, NGO, 教育

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 【学校・団体向け】体験型食育教材「もったいない鬼ごっこ」指導研修会

【学校・団体向け】体験型食育教材「もったいない鬼ごっこ」指導研修会

最終更新日時:2015年11月14日 12:33 投稿作成日時:2015年11月16日 15:07

カテゴリー:国際協力,子供,農業,食品

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2015年12月05日~2015年12月05日
時間帯14:00~17:00
募集期間2015年11月14日~2015年12月04日
お申込方法メール
定員40名
対象者・小学校、中学校の教員
・小学生、中学生を対象に食や環境分野の教育活動を行う団体の職員
*研修を受講された方には教材を無料でお渡しするため(1校・1団体につき1セット)、受講後に教材を使用した授業やイベントの実施の検討をお願いいたします
料金無料
場所東京都都庁内
住所東京都新宿区西新宿2丁目8−1
場所補足説明詳細は申し込みいただいた方にご連絡します
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

「もったいない鬼ごっこ」は、フードロス(食料ロス・廃棄)が生まれる原因をわかりやすく伝えて、食べることへの感謝の気持ちを啓発する体験型の食育プログラムです。環境教育や食育の授業の中で資源の持続可能性や世界の食とのつながりについて考える機会として、小中学校の授業や子ども向けの課外活動でご活用いただいています。

今回はこの教材を実際に体験しながら、授業などで実践する際のコツを学び合う、体験型の研修会を開催します。研修の終了後に教材をお渡ししますので、すぐに実践することも可能です。日頃から開発教育に取り組んでいる方も、体験型授業をこれから始めたいという方も、ぜひお気軽にご参加ください。


【当日のおおまかな流れ】
1、趣旨説明(5分)
2、自己紹介(15分)
3、「もったいない鬼ごっこ」の体験(120分)
4、教材の進め方についての解説(20分)
5、質疑応答(20分)

【本研修で得られること】
・環境教育や食育を行う際の新たな切り口や方法の発見
・ワークショップ、ファシリテーションの手法修得
・開発教育や体験型授業に興味関心のある教員とのつながり
・食料問題やフードロスに関する知識
・今後「もったいない鬼ごっこ」を開催する際のサポート

申し込み方法:
詳細URLよりご確認ください。

プロフィール

名称ハンガー・フリー・ワールド
住所東京都
TEL03-3261-4700
FAX03-3261-4701
E-mailinfo@hungerfree.net
担当者名糟谷知子

紹介メディア

pagetop