「被災地の放課後学校」からSkype生中継。「カタLIVE」3/14(月)・16(水)・25(金)

震災, 子ども, 教育, 東北, 被災地

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 「被災地の放課後学校」からSkype生中継。「カタLIVE」3/14(月)・16(水)・25(金)

「被災地の放課後学校」からSkype生中継。「カタLIVE」3/14(月)・16(水)・25(金)

最終更新日時:2016年3月11日 17:24 投稿作成日時:2016年3月11日 17:24

カテゴリー:子供,教育,災害支援,寄付

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2016年3月14日~2016年3月14日
時間帯19:30~21:00
募集期間2016年3月11日~2016年3月25日
お申込方法インターネット
定員各回20名
対象者どなたでもご参加いただけます
料金1,000円
料金補足説明サポーター会員の方や、その紹介のご友人の方は無料
場所高円寺コモンズ1階 (NPOカタリバ高円寺事務所)
地図リンク外部リンク
住所東京都杉並区高円寺南3-66-3
最寄り駅JR高円寺駅
場所補足説明JR高架下「高円寺ストリート」の西端にございます (駅から徒歩5分)
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

あの震災から、ちょうど5年。

「町外からやってきて、町の様子を見たり、写真に収める人々の姿に疑問や苛立ちを覚えたりすることがありました」

これは、震災直後の中学生が打ち明けてくれたことです。

「同時に、町外からやってきた大学生や、様々な職を経験してきた方とお話する時間は、自分の将来を考える場ともなっていました。次第に心の整理がつき、町を見に来る方や町の風景を写真に収める方をみても、嫌悪感を覚えることもなくなりました」

この生徒は大学に進学し、乳幼児の発達について学びながら、保育所や幼稚園の場に限らない保育の可能性を探っています。

---
「震災があったから、夢をあきらめた。」
そんな子どもがひとりでも生まれないように、という想いで
被災地の放課後学校「コラボ・スクール」は立ち上がりました。

子どもたちの学習塾としての機能のほか、
友達と落ち着いて話すことができる”居場所”であったり、
また町外の大人や大学生と子どもたちが出会い、
子どもたちが自分の視野を広げる場としても、
コラボ・スクールは機能してきました。


イベント当日は、コラボ・スクール現地と
東京・高円寺の会場をインターネット中継で繋ぎ、
現地の子どもたちの様子をお伝えしたり、
リアルタイムでの現地職員との質疑応答などを予定しております。

みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

---
【開催日時】:
3/14 (月) 19:30 ~ 21:00(インターネット中継:宮城県女川町)
3/16 (水) 19:30 ~ 21:00(インターネット中継:岩手県大槌町)
3/25 (金) 19:30 ~ 21:00(インターネット中継:宮城県女川町)

【会場】
高円寺コモンズ(JR高円寺駅より徒歩5分)

【お申込み】
上部「詳細リンク」から

*******
【認定NPO法人カタリバ】
NPOカタリバが取り組む社会課題は、子ども・若者の未来を生き抜く意欲や能力が、生まれ育った環境によって左右されてしまうことです。
首都圏をはじめ全国では、高校生へのキャリア学習プログラム「カタリ場」を、東北では、被災地の放課後学校「コラボ・スクール」を展開しています。

プロフィール

名称NPOカタリバ
住所東京都 杉並区 高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
TEL03-5327-5667
FAX
E-mailpr-fr@katariba.net
担当者名平野雄己

紹介メディア

pagetop