受付中多文化旅行写真術―写真で伝えるアジアのイメージ2

最終更新日時:2016年4月02日 10:25/投稿作成日時:2016年4月17日 16:11

地域:東京都

カテゴリ:国際協力,文化・アート,メディア・放送,アドボカシー・人権,移民・難民

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能

開催期間2016年5月15日~2016年5月15日
時間帯13:30~16:30
募集期間2016年4月11日~2016年5月15日
お申込み方法インターネット
定員15名
対象者
料金補足説明
場所豊島区民センター
地図リンク
住所東京都豊島区東池袋1-20-10
最寄り駅JR池袋駅東口徒歩5分
場所補足説明
詳細リンク

詳細/内容

多様化していく社会に向け、「文化」をどうとらえて表現したらいいのかを写真撮影を通じて学び、考える講座です。日本在住のバングラデシュ人報道写真家を講師に招き、アジアで撮影された写真、参加者自身が当日街に出て撮影した写真を題材に、多角的な視点で物事をながめ、多様性を認識し、それを写真に役立てることを通じて表現を考えます。これから写真を始めたいという方から、表現について改めて考えてみたいという方まで、ぜひご参加ください。

【内容】
講義:講師がバングラデシュで撮影した写真を見ながら、写真のポイントや意図、撮影時の様子や注意した点等を解説します。
撮影:池袋の街に出て写真撮影をします。
講評:参加者が街で撮った写真に講師がコメントやアドバイスをします。
ワークショップ:参加者の写真をもとに多様な見方と表現について考えます。


【講師】
コンドカル アニスル ラハマン
バングラデシュ出身の報道写真家。バングラデシュのフォトエージェンシーDrikの日本支部代表。横浜市教育委員会国際理解教師。

プロフィール

名称
住所東京都
Tel
E-mailkouen@ni-japan.com
担当者名諸 英樹

紹介メディア

紹介メディア

pagetop