6/23(木)【連続セミナー】「ラオスにいったい何がある…?」 映像に見るこの国の今

ラオス, イルカ, 川, メコン, 魚

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 6/23(木)【連続セミナー】「ラオスにいったい何がある…?」 映像に見るこの国の今

6/23(木)【連続セミナー】「ラオスにいったい何がある…?」 映像に見るこの国の今

最終更新日時:2016年5月02日 17:09 投稿作成日時:2016年5月09日 11:43

カテゴリー:環境,動物保護

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,外国語と触れ合える,友人と一緒に参加可
開催期間2016年6月23日~2016年6月23日
時間帯19:00~20:30
募集期間2016年5月02日~2016年6月23日
お申込方法メール, TEL, インターネット, 当日お申込
定員50名
料金500円
料金補足説明メコン・ウォッチ会員、学生は無料
場所地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
地図リンク外部リンク
住所東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
最寄り駅表参道駅
場所補足説明B2出口から徒歩5分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

メコン河流域に位置するラオス。最近、作家・村上春樹さんの紀行文のタイトル
にあがり話題になりましたが、日本では知られていない国の一つではないでしょ
うか。本州ほどの大きさに埼玉県と同程度の約700万人が暮らす、海へのアクセスのない小さな国ですが、大河メコンの流域の要であり、南部では1人当たりの魚の消費量は日本人に負けない魚食文化を持っています。

■■第3回 海の無い国の島暮らし■■
2016年6月23日(木)19:00-20:30 (18:40開場)
(メコン・ウォッチ総会 17:00-18:00)

ラオスには海が無いのに島がある。
不思議に思われるかもしれませんが、南部チャンパサック県にはシーパンドン、
4千の島と呼ばれる地域があります。メコン河が幅10km以上に広がって分流とな
り、その中にたくさんの島があるのです。村の暮らしをかいま見ながらのんびり
過ごせ、世界で残り少なくなった淡水のイルカ、カワゴンドウ(イラワジイルカ)もいるこの場所は、世界中から観光客を引きつけています。

この回では、ラオスの島暮らしとカワゴンドウを巡る伝説を紹介します。実はこ
の地域のカワゴンドウは5頭にまで減っていますが、生息地の近くでは環境影響
の大きいダム建設が進行中です。

最終回はそんなラオスの川と島の暮らしについてお伝えします。セミナーの前に、メコン・ウォッチの活動報告をかねて総会を開催します。お時間のある方はぜひこちらもご参加ください(総会参加は無料です)。
映像:「ラオス・魚たちの回廊 フーサホン ダム開発の招く危機(2015年制作)」

■第1回 精霊は森を守る?■
2016年6月3日(金)19:00-20:30 於GEOC
■第2回 バナナ、コーヒーは暮らしを変える■
2016年6月17日(金)19:00-20:30 於GEOC

プロフィール

名称メコン・ウォッチ
住所東京都 台東区台東 1-12-11 青木ビル3F
TEL03-3832-5034
FAX03-3832-5039
E-mailkiguchi@mekongwatch.org
担当者名木口

紹介メディア

pagetop