8/3 BAJ活動報告会 『ミャンマーに求められる自動車整備技術とは』

ミャンマー, 国際協力, 教育, 技術訓練

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 8/3 BAJ活動報告会 『ミャンマーに求められる自動車整備技術とは』

8/3 BAJ活動報告会 『ミャンマーに求められる自動車整備技術とは』

最終更新日時:2016年7月11日 15:21 投稿作成日時:2016年7月11日 19:30

カテゴリー:国際協力,教育

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2016年8月03日~2016年8月03日
時間帯18:45~20:30
募集期間2016年7月11日~2016年7月31日
お申込方法メール, TEL, インターネット
定員30名
料金一般800円 BAJ会員・サポーター・学生500円
場所日本財団ビル 2階 第1-3会議室
地図リンク外部リンク
住所東京都〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル
最寄り駅東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」から徒歩5分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

BAJは、1995年から現在に至るまで、
ミャンマー西部のラカイン州マウンドーにおいて、
自動車、船外機などの機械類の整備工場を運営しています。

マウンドーにはこのような整備工場がないため、
国連機関をはじめ、多くの団体の車両を修理・整備をしており、
船が主要交通機関であるこの地域では、船外機の修理依頼も多くあり、
地域に欠かせない存在となっています。
また、タイと国境を接するミャンマー南東部のカレン州パアンでは、
2014年より技術訓練学校を運営し、
教育の機会に恵まれなかった若者を対象に、技術訓練を提供しています。
当校の自動車整備科では、
ミャンマー国内で昨今増加している、EFI(電子式燃料噴射装置)を含むカリキュラムで、
自動車整備の知識と技術を持った人材を輩出し、
卒業生は学んだ知識で職を得て活躍しています。

今回の活動報告会では、BAJ自動車技術担当が、
マウンドー整備工場のメカニックとパアン技術訓練校インストラクターへ技術指導をする上で
感じた課題と指導の成果をお話します。

みなさまのご参加お待ちしております。

プロフィール

名称認定特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン
住所東京都
TEL03-3372-9777
FAX03-5351-2395
E-mailinfo@baj-npo.org
担当者名押村

紹介メディア

pagetop