【SVA】国際識字デーイベント2016 --読み書きの力が、生きる力に。

NGO, 国際協力, 識字, アジア, 東京

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 【SVA】国際識字デーイベント2016 --読み書きの力が、生きる力に。

【SVA】国際識字デーイベント2016 --読み書きの力が、生きる力に。

最終更新日時:2016年9月05日 15:37 投稿作成日時:2016年9月05日 15:37

カテゴリー:国際協力,教育

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2016年9月30日~2016年9月30日
時間帯19:00~20:30
募集期間2016年9月05日~2016年9月30日
お申込方法メール, TEL, インターネット
定員70名
料金1,000円 (主催・後援・登壇団体の会員の方と学生は500円)
料金補足説明※参加費の一部は各団体の事業に使わせていただきます
場所パルシステム東京新宿本部 7階 大会議室
住所東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿ビル 7階
最寄り駅東京メトロ副都心線「東新宿駅」下車 B2出口より徒歩7分 都営大江戸線「東新宿駅」下車 A2出口より徒歩10分 JR山手線「新大久保駅」下車 徒歩13分 都営バス 池86 早77 高71 「大久保通りバス停」下車
場所補足説明※会場(7階大会議室)への行き方 エレベーターでいったん2階までお越しください。 2階でエレベーターを乗り換え7階へお越しください。
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

9月8日は国際識字デーです。
国際識字デーとは、社会にとって識字の重要性を強調するため、1965年にユネスコが宣言した国際デーです。

世界の約7億8100万人が文字の読み書きができません。
内戦や紛争状態の中で文字の読み書きを学ぶ機会がなかったり、経済的な問題で学校に行けなかったり、
薬の誤飲や安定した職業につくことができず、貧困のサイクルから抜け出すことが難しくなります。

しかし、読み書きに課題を感じているのは、海外で暮らす人々だけではありません。
昨今、日本国内では外国にルーツを持っている子どもたちの基礎教育の課題が挙げられます。
この子どもたちと学校や学習支援の現場ではどのように向き合っているのか。
「国際識字デー」の9月に、「識字」の現状と、現場で活動する人々の声をお届けするイベントを開催します。
ぜひこの機会に、“あたりまえ”だと感じていることが“あたりまえ”ではない現状について、一緒に考えてみませんか?

【プログラム】
1)国際社会の取り組みと東南アジアの現状
公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会 海外事業課課長 山本 英里

2)外国にルーツがある子どもたちの学習支援の現場とは--NPOの取り組み--
NPO法人みんなのおうち 理事 小林普子 氏

3)教師の立場から見える現外国籍の親をもつ子ども達の基礎教育が抱える課題
さいたま市立木崎中学校 教諭 関根朱美 氏

4)トークセッション
ファシリテーター:日本ユネスコ協会連盟 海外事業部部長代理 関口 広隆


【申込方法】
詳細URLにアクセスし、国際識字デー2016イベント申込フォームからお申込みください。
またはメールの件名に「国際識字デーイベント参加申し込み」とご記入の上、名前、所属、連絡先(メールアドレス)をお送りください。

【お問い合わせ先】
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 広報課
Tel:03-6457-4585
Fax:03-5360-1220

【主催】
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター

【後援】
生活協同組合パルシステム東京

プロフィール

名称シャンティ国際ボランティア会
住所東京都
TEL03-5360-1233
FAX03-5360-1220
E-mailpr@sva.or.jp
担当者名鎌倉幸子

紹介メディア

pagetop