10/8(土)「東ティモールを伝える 高校生トーク×映画」

国際協力, 東ティモール, 高校生, フェアトレード, 映画

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 10/8(土)「東ティモールを伝える 高校生トーク×映画」

10/8(土)「東ティモールを伝える 高校生トーク×映画」

最終更新日時:2016年9月13日 14:31 投稿作成日時:2016年9月13日 14:40

カテゴリー:国際協力,子供,女性,寄付

  • 受付状況:終了
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2016年10月08日~2016年10月08日
時間帯14:00~17:00
募集期間2016年9月13日~2016年10月07日
お申込方法インターネット
定員200名
料金一般1500円、大学生1000円、高校生500円
料金補足説明*映画視聴代を含みます。
*CAREオリジナルDVD『I am powerful』付き。
*当日受付にて徴収いたします。
*収益はすべて東ティモール支援(CAREスマイルギフトキャンペーン2016) への寄付となります。
http://www.careintjp.org/membership/campaign/03.html
場所青山学院高等部PS講堂
地図リンク外部リンク
住所東京都渋谷区渋谷 4-4-25 
最寄り駅渋谷駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

「高校生ができる国際協力ってなんだろう?」
今年8月、国際協力について学ぶため、青山学院高等部の高校生2人が東ティモールを訪れました。
初めて感じた東ティモールの空気、美しい景色、人々との交流。
現地で学んだコーヒー栽培とフェアトレードのこと。
高校生の目でみた東ティモールについて報告します。
また、東ティモールの悲しい過去と人々の力強さが描かれ、日本に暮らす私たちの生き方についてメッセージを投げかける、美しい音楽あふれるドキュメンタリー映画「カンタ!ティモール」の上映会を行います。

このイベントは、青山学院高等部の高校生たちが、ケア・インターナショナル ジャパン(CARE)の行う 東ティモールの農村部の人々の自立を支援するために行う活動 へ協力することを目的に開催します。
CAREでは東ティモール農村部において、人々が情報や知識を得て、学習し、「生きるチカラ」を身につける助けになる学習雑誌「ラファエック」を配布しています。
イベントの参加費を含む寄付を募ることで、高校生たちが東ティモールの人々に1,000冊のラファエックを送ることに挑戦します!

【映画「カンタ!ティモール」について】

この映画の舞台は、赤道直下の小さな島国、東ティモール。
ひとつの歌から始まった運命の旅が、音楽あふれるドキュメンタリー映画となった。
この島を襲い、人々の命を奪った軍事戦略と、それを生き抜いた人びと。
当時23歳だった広田奈津子監督は、人びとの暮らしの中で現地語を学び、彼らの歌に隠された本当の意味に触れてゆく。
※一部暴力的な描写が含まれます。12歳以下のお子さんのご鑑賞は、保護者の方のご判断にお任せします。

【イベント詳細】
■日時:10月8日(土)14:00~17:00(13:30受付開始)
13:30 受付開始
14:00 青山学院高等部生徒の行う活動紹介
  ケア・インターナショナル ジャパンの事業紹介
14:20 『カンタ!ティモール』上映会
16:30 「高校生トーク」東ティモール訪問報告会
17:00 終了予定
■共催:公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
    青山学院高等部(学校法人青山学院)

プロフィール

名称ケア・インターナショナル ジャパン
住所東京都
TEL03-5944-9931
FAX03-5950-1375
E-mailevent@careintjp.org
担当者名大森 恵実

紹介メディア

pagetop