受付中余った外貨紙幣でネパール大地震の復興活動を応援しよう!キャンペーン

最終更新日時:2016年11月19日 15:48/投稿作成日時:2016年11月19日 15:48

地域:東京都

カテゴリ:女性,平和

ワンポイントチェック

自宅でできる活動,参加無料

開催期間2016年11月19日~2016年12月31日
時間帯
募集期間2016年11月19日~2016年12月31日
お申込み方法不要
定員
対象者
料金補足説明
場所シャプラニール東京事務所
地図リンク
住所東京都
最寄り駅
場所補足説明
詳細リンク

担当者からのコメント

海外旅行や出張で少しだけ余った外貨紙幣。
「お金だから捨てるのはちょっと…」と思い、引き出しの中に何年も眠っている方は多いのではないでしょうか。

米ドルやユーロなどの外貨紙幣が、国際協力活動への寄付になります。

■進まぬ復興、ネパール大震災から約1年半
のどかで、穏やかなネパールが大地震に見舞われたのは昨年4月。
1年半経った今でも、壊れたままの家や雨風をしのぐのがやっとの仮設住宅に住み続けている人がまだまだたくさんいます。
地震当初は日本のニュースでも大きく取り上げられましたが、今ではテレビ等で取り上げられることはほとんどありません。
多くの援助機関が撤退する中、シャプラニールは取り残された地域で復興支援を継続するとともに、次の災害に備えた防災・減災の取り組みを始めようとしています。

今回集まった外貨紙幣は日本で換金し、ネパール大地震復興支援活動に役立てます。

<たとえばあなたの30ドル(約3,000円)で…>
ネパール大地震で被災した人々が安心して過ごせるコミュニティスペース1か所が1か月間運営できます(人件費除く)。

ぜひ外貨紙幣でできる国際協力にご協力ください。

詳しくは、詳細URLをご覧ください。

プロフィール

名称
住所東京都 新宿区西早稲田 2-3-1 早稲田奉仕園内
Tel03-3202-7863
E-mailpress@shaplaneer.org
担当者名須藤

紹介メディア

紹介メディア

pagetop