【ガーナプロジェクト&世界カカオ財団会議報告会 】チョコレートから考える持続可能な未来

チョコレート, カカオ, 児童労働, 持続可能性

  • HOME
  • イベント
  • 【ガーナプロジェクト&世界カカオ財団会議報告会 】チョコレートから考える持続可能な未来

【ガーナプロジェクト&世界カカオ財団会議報告会 】チョコレートから考える持続可能な未来

最終更新日時:2016年12月07日 11:43 投稿作成日時:2016年12月07日 11:43

カテゴリー:環境,国際協力,アドボカシー・人権,飢餓,フェアトレード

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2016年12月22日~2016年12月22日
時間帯19:30~21:30
募集期間2016年12月07日~2016年12月20日
お申込方法インターネット
料金2,000円
料金補足説明交流会費込、READYFOR支援者で参加権をお持ちの方はご招待
場所EIJI PRESS Lab
地図リンク外部リンク
住所東京都東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル5F
最寄り駅恵比寿駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

ACEでは、チョコレートの原料カカオの生産地で児童労働がなくなることを目指し、2009年から、ガーナ・アシャンティ州のカカオ生産地で子どもたちを児童労働から救う活動を行っています。これまでの取り組みにより、450人の子どもたちが児童労働をやめて、学校へ通えるようになりました。

日本では、教材やドキュメンタリー映画の製作を通じた啓発活動や、寄付つきチョコレートの販売や募金活動を通じたファンドレイズを行ってきました。

また、企業やショコラティエとの連携により、ガーナの支援地域で収穫されたカカオを原料に使ったチャイルドレイバーフリーのチョコレートの開発や販売にも取り組んでいます。

世界に流通するカカオは年間約400万トン。2020年にはその1/4にあたる量が不足すると予測されており、チョコレート業界にとってはカカオのサステナビリティの向上が喫緊の課題となっており、児童労働の解決もその中に含まれています。

今回のセミナーでは、今年10月に世界最大のカカオ生産国コートジボワールで開催された、世界カカオ財団(WCF)の国際会議に参加して得た、カカオの国際動向の最新情報を報告しつつ、サステイナブルなチョコレートを実現するためには何が必要か、チョコレートに限らずサステナブルな生産と消費を実現する上で企業NPOがどんな役割が果たせるのか、その可能性や課題について考えたいと思います。

持続可能な社会の実現やCSR、企業とNPOの連携、ソーシャルビジネスなどに関心のある方、ぜひご参加ください。

※世界カカオ財団(WCF)の国際会議への参加にかかる費用はクラウドファンディングサイト「READYFOR?」を通じて、多くの方々からご支援いただきました。

プロフィール

名称認定NPO法人ACE(エース)
住所東京都 台東区 東上野1-6-4 あつきビル3F
TEL03-3835-7555
FAX03-3835-7601
E-mailinfo@acejapan.org
担当者名桐村 康司

紹介メディア

pagetop