【宮城県石巻市】仮設住宅入居者支援プロジェクト

石巻, 仮設住宅, 傾聴, ボランティア, 仮設支援

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • 職員募集
  • 【宮城県石巻市】仮設住宅入居者支援プロジェクト

【宮城県石巻市】仮設住宅入居者支援プロジェクト

最終更新日時:2015年6月05日 21:42 投稿作成日時:2015年6月05日 21:51

カテゴリー:高齢者,子供,障害者,メディア・放送,災害支援,その他

  • 受付状況:受付中
募集期間2015年6月05日~2015年6月30日
定員1
給与150000
就業形態契約職員
職種その他
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

~孤独死を防ぐ地域づくりを支える~
◆◇仮設きずな新聞プロジェクト◇◆

ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では2011年10月より、地域のハッピーニュースや仮設住宅を住みこなすコツなどをまとめた「仮設きずな新聞」を定期的に発行し、ボランティアの手で配布してきました。

この活動の目的は大きく2つ。

ひとつは「仮設住宅に暮らす方々に必要な、役立つ情報をお届けする」こと。抽選で仮設住宅に入居された方の多くは「近所に誰も知っている人がいない…!」という状況です。震災前ならば自然と近所の人から入ってきていた情報が、仮設住宅ではなかなか手に入りません。「情報弱者」と呼ばれる方々に必要な情報をお届けすることで、住民さんの自立を促します。

もうひとつは「引きこもりや孤独死を防ぐ」ということ。阪神淡路大震災のときは、仮設住宅で233人の孤独死がありました。新聞配布をしながら、住民さん一人ひとりと向き合い、時間をかけてお話をすること、また必要に応じて専門機関に繋げることにより、引きこもりや孤独死を一人でも減らしたいと考えています。

◇◆◇◆◇

【具体的な業務内容=地元の担い手増加・育成】
▼地元の方が参加しやすいボランティア・プログラムの立ち上げ
地元の方へのボランティア参加の呼びかけ、オリエンテーションの実施、現場でのオペレーションのほか、高齢者や障碍者の施設、不登校生徒のサポートなどをしている団体と協力/交渉して、担い手を増やしていくための働きかけなども行っていただきたいと考えています。

▼担い手のスキルアップ講座(傾聴講座、文章講座等)の企画・運営
「ボランティアに興味はあるけれども、自分にできるのか不安がある」「紙面づくりを手伝いたいが文章能力に自信がない」「今後地元の情報を発信していきたい」などという方々を対象にした、セルフケア・傾聴講座および文章講座の企画・運営を担っていただきたいと考えています。

【応募方法】
履歴書をメールにて送付。後日、面接。

【連絡先】
宮城県石巻市立町1-5-21 ピースボートセンターいしのまき
Email:kasetsukizuna(at)pbv.or.jp
TEL:0225-25-5602
担当:岩元

プロフィール

名称ピースボート災害ボランティアセンター
住所東京都
TEL03-3363-7967
FAX03-3362-6073
E-mailtraining@pbv.or.jp
担当者名合田茂広

紹介メディア

pagetop