南米ペルーで孤児院など教育ボランティアツアー

国際協力, こども, 協力, 障害, 日本語講師

熊本地震災害対応の募集ができます

南米ペルーで孤児院など教育ボランティアツアー

最終更新日時:2013年5月14日 19:01 投稿作成日時:2013年5月14日 19:01

カテゴリー:国際協力,子供,障害者,教育

  • 受付状況:受付中
  • 地域:海外
ワンポイントチェック学生さん歓迎!,外国語と触れ合える
開催期間2013年7月01日~2013年9月30日
募集期間2013年5月14日~2014年5月21日
お申込方法メール, インターネット
対象者・ボランティア精神にあふれる方
・教育に興味のある方
・自身で企画し、実行力のある方。
料金1週間79,800円〜
料金補足説明【1週間短期ボランティアプラン】:79.800円
【2週間短期ボランティアプラン】:99,800円
開催国ペルー
場所クスコ
住所海外
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

ペルーボランティア協会は、2008年、カルロス・ロハスにより設立されました。2009年11月、アグネスがペルーへ訪れ、今現在カルロスと共に団体を支援しています。
ペルーボランティア協会のミッションとは、クスコやその周りで行われるプロジェクトのサポートとしてボランティアを送り、社会への貴重な貢献、又、現地の人々と外国人観光客との隔たりを埋める手助けをすることです。ボランティアは、小児保育、ヘルス・ケア、建築などさまざまな環境で働くことができ、希望があれば、1人1人プロジェクト先を選ぶことが出来ます。
▼詳細情報▼
ペルーボランティア協会では、以下の現地ボランティアプログラムが用意されています。

①サンマルティン小学校-プロジェクト
 サンマルティン小学校は知的障害や聴覚障害を持つ子供達のための学校です。この小学校の平均10人〜15人ほどのクラスで、先生の補助をするボランティアをして頂きます。
 子供達の年齢層は下3歳から上25歳まで、学習能力レベルも子供たちによってさまざまです。先生が一人で、この様々な子どもたちが集まるクラスで、授業や行事を行うことは非常に大変なことです。ボランティアの補助は、先生にとって非常に助けになりますし、ボランティアをする学生にとっても、障害をもった弧子供たちとコミュニケーションをとることで得られるものがあります。
②特別オリンピック-プロジェクト
 特別オリンピックとは、ペルー国全体で行われ、ペルーにある10もの異なる種目により構成されているスポーツの大会です。知的障害を持つ子供や若者の為に行われ、クスコでは約130人の子供達が参加します。
 特別オリンピックはボランティアによって運営され、トレイナー、運営者、営業など全てをペルーに住むボランティアがこなしています。そこで、学生ボランティアの方々には主に子供達のトレーニング、ゲームの趣旨説明、技術、運営に携わってもらいます。スポーツに興味があれば尚面白いでしょう。
それぞれのプログラムの活動についての詳細は、団体HPからお問い合わせください

プロフィール

名称ペルーボランティア協会
住所大阪府
TEL050-3698-8614
FAX
E-mails0527225@gmail.com
担当者名池田

紹介メディア

pagetop