【こども達と家族のように生活】2/19発 フィリピン孤児院滞在ボランティア10日間

海外ボランティア, フィリピン, 孤児院, 子供, 国際協力

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • スタディツアー
  • 【こども達と家族のように生活】2/19発 フィリピン孤児院滞在ボランティア10日間

【こども達と家族のように生活】2/19発 フィリピン孤児院滞在ボランティア10日間

最終更新日時:2014年2月01日 16:52 投稿作成日時:2014年2月01日 17:34

カテゴリー:子供,教育,農業,学習ワークキャンプ

  • 受付状況:受付中
  • 地域:海外
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,外国語と触れ合える,友人と一緒に参加可
開催期間2014年2月19日~2014年2月28日
募集期間2014年2月01日~2014年2月19日
お申込方法郵送, 窓口へ持参
定員15名
対象者年齢:高校生以上
語学力:不問

こどもや国際協力に関心があり、団体生活が出来る方
自分で判断ができ、行動に責任を持てる方
料金16万8千円 ※航空券代、燃油追加代金込み
料金補足説明3回もしくは5回での分割払いも可
開催国フィリピン
場所フィリピン ルソン島サンバレス州
住所海外
場所補足説明孤児院「ジャイラホーム」
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

*2月に参加できるツアーを探している
*こどもとたくさん交流したい!
*もう2月になっちゃったしどうしようかな・・・

そんな方におススメ!
フィリピンでの活動歴20年のNPO法人アクションが企画・実施する、
【孤児院滞在型ボランティアツアー】です。

2月プログラムもまだお申込み可!出発まで日本事務局が全面サポート!現地ではフィリピン駐在の日本人スタッフが全日程を引率するから、初めてでも安心です♪


■孤児院のこどもと遊ぶ&農業ボランティア 10日間
大人におもいきり甘えたり、一緒に遊んだりする機会の少ない孤児院『ジャイラホーム』のこども達。こども達にとってボランティアに来てくれる参加者との出会いはかけがえのない宝物。このプログラムでは孤児院に宿泊しながら、こども達と家族のように過ごし、交流を深めます!

《孤児院ボランティアの主なプログラム内容》
1.孤児院の敷地内で宿泊するから、こども達と毎日交流!
2.敷地内にある畑で農業ボランティア♪こども達が食べる野菜の栽培をお手伝い!
3.変化の少ない生活を送るこども達を連れて、プールへ遠足に♪
4. 第2の家族に出会う!フィリピンの一般家庭で2泊3日のホームステイ体験。

■お申込み方法
【今すぐ申込む】
1.HPから申込書と同意書をダウンロード
2.日本事務局へ申込書を郵送&申込み金3万5千円を振り込み
4.申込書と申込金が確認出来次第、参加決定!

【資料を請求する】
HPから資料をご請求ください。
パンフレットや申込書等一式をお送り致します。

【日本事務局(0422-26-6123)へ問い合わせてみる】
事務局は火曜日~日曜日の10時~19時まで開いております。

<申込み締切>
2月5日(水)
※締切日以降は、日本事務局までお問合せください。


■その他プログラム日程
2月は予定が合わないという方もアクションHPを今すぐチェック♪
3月にも、孤児院ボランティア、ストリートチルドレンボランティア、
スタディツアーの3つのプログラムを実施予定です!

*NPO法人アクションとは?*
「こども達と地域の可能性を広げる国際協力」を目指して1994年よりフィリピンと日本で活動しているNPOです。

プロフィール

名称NPO法人ACTION(アクション)
住所東京都 武蔵野市境南町 3-10-1 パールハイツタカハシ1階
TEL0422-26-6123
FAX
E-mailuneo@actionman.jp
担当者名畝尾知佳

紹介メディア

pagetop