平成27年度海外派遣研修~パラオ共和国~

環境, 国際協力, パラオ, スタディーツアー

熊本地震災害対応の募集ができます

平成27年度海外派遣研修~パラオ共和国~

最終更新日時:2015年6月23日 16:56 投稿作成日時:2015年6月24日 09:40

カテゴリー:環境,国際協力

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,外国語と触れ合える
開催期間2015年9月26日~2015年10月11日
募集期間2015年6月24日~2015年8月07日
お申込方法郵送
定員長期研修6名 短期研修4名
対象者参加資格:開発途上地域における環境保全活動への参加と国際協力に関心を有する次の要件を満たす男女。
(1) 18歳以上の男女で、高校生は不可。未成年者は保護者の同意が必要です。
(2) 心身ともに健康であること。
(3) 過去にこの「海外派遣研修」に参加したことがないこと。
(4) 日本語でのコミュニケーションに支障がなく、簡単な日常英語を理解できることが望ましい。
(5) 一時的な短期滞在者(在留カードを有していない、または外国人登録をしていない者、過去1年間日本に滞在していない者、1年以内に日本から離れる可能性のある者)でないこと。
料金5万円
料金補足説明参加費は、現地派遣研修に必要な経費(航空運賃、滞在費、研修プログラム費用等)及び事前研修、事後報告会等の経費の一部に充当されます。
ただし、次の経費は別途、各自で負担していただきます。
①現地研修中の飲食代(各自、または割勘定で精算します)
②現地研修中の個人的支出(電話代、クリーニング代、その他雑費)
③傷害、疾病に関する個人的な医療費
④渡航手続費用、予防注射接種費等
⑤超過手荷物運搬料金
⑥任意の海外旅行傷害保険料
※研修参加費は返金出来ませんので予めご了承ください
開催国パラオ
場所東京・パラオ
住所東京都
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

本研修は、パラオにおける循環型社会形成を始めとして環境管理として行われている様々な取組み、それに関連する環境教育、さらには、環境保全に配慮した持続的観光開発について焦点を当て、国際NGO/NPOのフィールドワークを見学し、NGO/NPOとの意見交換、地元の住民の活動などを通じて、すでに国際協力に携わっている、また今後、携わることを希望している人の人材のスキルアップや参加者の視野を広げていくことに貢献し、環境NGO/NPOにおける国際協力の振興を担う人材育成に資することを目的として行われます。

事前研修:平成27年8月29日(土)、30日(日)
東京都内において現地派遣研修のための全員合宿にて事前研修を行います。研修参加者同士の相互理解を図ります。

現地派遣研修:
長期研修 (16日間) 平成27年9月26日(土)~10月11日(日)
短期研修 (9日間)  平成27年9月26日(土)~10月4日(日)
パラオにおいて、現地行政機関(国・地方)、国際機関、教育機関、現地の企業、現地で活動するNGO/NPO、地域住民等グループによる取組みへの参加実習を通じて、環境保全活動の実践力を養います。

研修報告会:平成 27 年12月12日 (土)
東京都内において研修の報告会を実施します

応募方法:地球環境基金ホームページから申込書類様式をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、締切日までに下記の提出先へ郵送してください。

申込締切:平成 27 年8月7日(金)郵送必着

申込先・企画運営
公益財団法人 国際環境技術移転センター(担当:喜瀬、内田、奥田)
〒512-1211 三重県四日市市桜町3684番地の11
TEL:059(329)3500 FAX:059(329)8115





プロフィール

名称環境再生保全機構
住所神奈川県
TEL044-520-9505
FAX044-520-2190
E-mailc-kikin@erca.go.jp
担当者名本田・上村

紹介メディア

pagetop