フィリピンの孤児院に住み込み×こどもの遊具作りボランティア

国際協力, こども, 東南アジア, フィリピン, 孤児院

熊本地震災害対応の募集ができます

フィリピンの孤児院に住み込み×こどもの遊具作りボランティア

最終更新日時:2016年7月13日 13:40 投稿作成日時:2016年7月13日 13:42

カテゴリー:国際協力,子供

  • 受付状況:受付中
  • 地域:海外
開催期間2016年9月05日~2016年9月14日
募集期間2016年7月13日~2016年8月02日
お申込方法メール, FAX, 郵送
定員15名
料金15万8千円
開催国フィリピン
場所孤児院「ジャイラホーム」ほか
住所海外
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

こども達の「生きるチカラ」を育てたい。NPO法人アクションです!
アクションはフィリピンで22年間、孤児院や貧困地域のこども達、
ストリートチルドレンの支援活動を行っている団体です。

この夏、普段わたし達がフィリピンで支援を実施している施設・地域を訪問、滞在しながら
様々なボランティア活動を行なう、海外ボランティア・短期インターンプログラムを開催します。
このプログラムは1995年から20年以上にわたり継続して実施しており、
これまでに3500名以上の方にご参加いただいています!

今年の夏は、フィリピンの孤児院に住み込みで、
こどもたちのための遊具作りボランティアを実施いたします!

ボランティア活動や海外が初めての方、語学に不安を感じてる方も大丈夫!
今年の夏、フィリピンのこども達に楽しい時間と笑顔を届けませんか?


●孤児院住み込みボランティア概要
日程:2016年9月5日(月)~9月14日(月) 9泊10日
旅行代金:15万8千円
募集予定人数:15人
滞在先:フィリピンルソン島サンバレス州 孤児院「ジャイラホーム」

※語学力不問!こどもが好きな方、国際協力に興味がある方はどなたでも参加可能です♪

<活動内容>
アクションが支援している孤児院「ジャイラホーム」の子供達は、
日本のようにゲームや遊び道具があるわけではなく、
施設の遊具で遊ぶといっても、日々の生活は単調なものになりがちです。

そこでこのツアーでは、ジャイラホームに住み込みで、
こども達に楽しんでもらえるような遊具作りボランティアを行います!
何を作るかは参加者同士で相談し、
完成後は作った遊具でこども達と一緒に交流!

ジャイラホームにいる子は、貧困や虐待などが理由で
両親と離れて生活しており、周りに甘えたり頼ったりすることができない子が多いです。
そんな彼らにとって、ボランティアに来るみなさんと思いっきり遊んで
一緒に過ごすことはかけがえのない大切な時間です。

彼らのために愛情を込めた遊具を作って、楽しい思い出を
一緒に作りましょう。

フィリピンのこども達がみなさんの参加をお待ちしています!!


詳しい内容やお申し込み方法については、詳細URLをご覧ください。

プロフィール

名称NPO法人ACTION(アクション)
住所東京都 武蔵野市境南町 3-10-1 パールハイツタカハシ1階
TEL0422-26-6123
FAX
E-mailuneo@actionman.jp
担当者名畝尾知佳

紹介メディア

pagetop