【福島県新地町行き】第8回新地町応援隊 ボランティア参加者募集!

東北復興応援, 子ども, 福島, 高齢者, 調理ボランティア

熊本地震災害対応の募集ができます

【福島県新地町行き】第8回新地町応援隊 ボランティア参加者募集!

最終更新日時:2014年5月30日 10:33 投稿作成日時:2014年5月30日 10:41

カテゴリー:高齢者,子供,災害支援

  • 受付状況:受付中
  • 地域:福島県
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!
開催期間2014年7月11日~2014年7月12日
時間帯23:00~23:00
募集期間2014年5月30日~2014年6月27日
お申込方法メール, FAX, 郵送, 窓口へ持参
定員15名(先着順)
対象者三芳町在住、在学、在勤の18歳以上の方
または、三芳町を活動拠点に、市民活動およびボランティア活動を行う18歳以上の方
料金大学・専門学生 2,000円、一般 3,000円
料金補足説明ボランティア活動保険料(天災Aタイプ)を含みます。
食事代は自己負担、コンビニエンスストア、パーキングエリア等で随時購入可能です。
場所がんご屋仮設住宅
住所福島県相馬郡新地町
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

三芳町社会福祉協議会は、福島県相馬郡新地町“がんご屋仮設住宅”へ、三芳町民ボランティアとともに、継続的な訪問活動を行っています。
仮設入居者が孤立しないことを目的に、交流サロンをがんご屋仮設住宅自治会・住民の皆様と行っています。

交流サロンの運営ボランティアとして、私達と一緒に活動して下さる方を募集しています。
皆様のご参加、お待ちしております!

【活動内容】
・子どもの遊び相手
・高齢者のお話し相手
・昼食作り など

【がんご屋仮設住宅について】
8つの地域から100世帯、総数286名の方々が、福島原発被害により、住み慣れた地域から離れ、避難生活を余儀なくされています。(H26.2.14時点)
そのため、人と人との新たな関係づくりが必要でした。
また、18歳未満の子どもたちが多く生活していることも特徴ですが、限られた仮設住宅の敷地内ではのびのびと遊ぶには制限があり、近隣にも公園などもない環境下で、生活を送っています。

【日時】
7月11日(金)23:00 ~ 12日(土)23:00 三芳町社協前 発着
※車中泊

【場所】
福島県相馬郡新地町 がんご屋仮設住宅

【募集定員】
15名
※ 先着順、定員になり次第受付

【参加費】
大学・専門学生 2,000円、一般 3,000円
※ ボランティア活動保険料(天災Aタイプ)含む、食事代は自己負担

【行程】
7/11(金)
三芳町社協前発(23:00)= 高速道路 = 夜行 =

7/12(土)
= 新地町着(6:30頃) = 朝食 = 仮設住宅着(8:30頃)= サロン開始= 仮設住宅発(16:00頃) = 地場産市場「あぐりや」にて買い物= 高速道路 = 三芳町社協前着(23:00頃)

【申込み~参加までの流れ】
Step 1 申込用紙を応募期間内に下記いずれかの方法でご提出ください。
 ① 窓口へ直接提出   ② FAX提出   ③ 郵送提出

Step 2 参加費をお振り込みください。
※ 申込書を受付後、当会よりメールにて振込先を通知いたします。

Step 3 出発3日前までに最終確認書類を郵送します。必ずご確認ください。

プロフィール

名称社会福祉法人三芳町社会福祉協議会
住所埼玉県
TEL049-258-0122
FAX049-258-0180
E-mailmiyosha-vc@mc.jnc.ne.jp
担当者名相澤

紹介メディア

pagetop