ツバメを守ろう!国際交流ボランティアプログラム グリーン・ホリデーin台湾

国際交流, ボランティア, 台湾, ツバメ, 環境

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • ボランティア
  • ツバメを守ろう!国際交流ボランティアプログラム グリーン・ホリデーin台湾

ツバメを守ろう!国際交流ボランティアプログラム グリーン・ホリデーin台湾

最終更新日時:2014年5月15日 14:31 投稿作成日時:2014年5月15日 14:31

カテゴリー:環境,国際協力,教育,学習ワークキャンプ

  • 受付状況:受付中
  • 地域:海外
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,外国語と触れ合える,友人と一緒に参加可
開催期間2014年9月13日~2014年9月16日
時間帯08:30~19:10
募集期間2014年5月13日~2014年9月12日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX
定員20名
対象者18歳以上の一般
料金35000円
料金補足説明航空券代、プログラム中の移動交通費、食費(フリータイムを除く)、宿泊費、教材費を含みます。
開催国台湾
場所関渡自然公園
住所海外
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

日本と東南アジアを行き来するツバメは、台湾でも幸福のシンボルとして人々に
親しまれています。
台湾の郊外には、かつての日本でどこでも見られたような、緑豊かな農村風景が
広がります。
町並みはアーケードが連なり、ツバメの巣があちこちに見られます。しかしここ
でも、近年の宅地開発などによる環境変化が進んでいます。

グリーン・ホリデーIn台湾は、台湾の子どもたちと一緒に、ツバメを観察しな
がら湿地環境を守るボランティア・ツアーです。
ツバメは空中を飛びながら虫を捕まえて食べます。第一回は、ツバメの食べもの
になるトンボや虫がすみやすい湿地の保全や、ツバメ観察を始めた小学校との交流、台湾の自然公園の訪問などを予定しています。

<実施概要>

【タイトル】:グリーン・ホリデーin台湾 “ツバメがくる湿地を守ろう”
【日 時】:2014年9月13日(土)~16日(火) 3泊4日
【対 象】:18歳以上 定員20名
【活動場所】:関渡自然公園(台北市)、基隆市 ほか
【参加費】:35000円(航空券代、宿泊費込み)
【プログラム】
 1日目:日本から台湾へ移動・オリエンテーション
 2日目:関渡自然公園訪問・フィールドワーク、レンジャーとの交流
    ツバメのねぐら観察
 3日目:基隆市の湿地で、湿地を守る活動に参加
  基隆市立深美小学校訪問、子どもたちとの交流、ツバメの巣の観察
 4日目:フリータイム・台湾から日本へ移動

【お問合わせ】日本野鳥の会 飯塚、岡本 電話:03-5436-2625
       

プロフィール

名称(公財)日本野鳥の会
住所東京都
TEL03-5436-2625
FAX03-5436-2635
E-mailokamoto@wbsj.org
担当者名岡本裕子

紹介メディア

pagetop