【障がい児と健常児が共に過ごすキャンプ】第39回フレンドシップキャンプ 男性ボランティア追加募集

障害, 子供, キャンプ, 自然, 教育

  • HOME
  • ボランティア
  • 【障がい児と健常児が共に過ごすキャンプ】第39回フレンドシップキャンプ 男性ボランティア追加募集

【障がい児と健常児が共に過ごすキャンプ】第39回フレンドシップキャンプ 男性ボランティア追加募集

最終更新日時:2015年5月14日 22:45 投稿作成日時:2015年5月16日 18:21

カテゴリー:子供,障害者,教育,学習ワークキャンプ

  • 受付状況:受付中
  • 地域:山梨県
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,長期可,友人と一緒に参加可
開催期間2015年5月14日~2015年5月22日
時間帯12:00~13:00
募集期間2015年5月14日~2015年5月21日
お申込方法メール, TEL, インターネット
定員10名
対象者18歳以上の男性で、健康な方であれば、どなたでも参加していただけます。 (ただし、高校生の方はボランティアリーダーとしては参加できません。) ボランティアリーダーの方には、事前に面接を受けていただいた後、5月から開催されるリーダートレーニングに参加していただきます。
料金無料。ただし、トレーニング会場(東京都内)への交通費を負担していただきます。
場所東京YMCA山中湖センター(山梨県)
住所山梨県
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

私たちは、NPO法人フレンドシップキャンプです。
障がいのある子どもとない子どもが、夏の5日間を共に生活する「フレンドシップキャンプ」を運営しています。

フレンドシップキャンプは、毎年8月の5日間(今年度は8月2日~6日)に山中湖で行っています。
対象は小学校3年生~高校3年生の子どもたちです。
このキャンプの大きな特徴は、健常児と障がい児(主に手足の不自由なこども)が共に参加するところにあります。
自分とは異なる年齢、考え方、身体的特徴をもった仲間と自然の中で生活を送ることで、子どもたちは大きく成長します。

フレンドシップキャンプでは、子ども達と最も近い距離でキャンプを運営する 「ボランティアリーダー」を募集しています。ボランティアリーダーは、 子ども達の日常生活のサポートやプログラム(野外炊飯やカヌーなどのアクティビティ)の企画運営を行います。 初めてボランティアに参加する方や、介助や福祉の知識が無い学生の方も大歓迎です。 研修とキャンプの企画立案を行う「リーダートレーニング」があるので、安心して参加していただけます。

プロフィール

名称NPO法人 フレンドシップキャンプ
住所東京都 中央区日本橋 堀留町1-5-7 ユービル4F
TEL03-6226-6611
FAX03-3661-4588
E-mailharuo.aoki@gmail.com
担当者名青木治雄

紹介メディア

pagetop