第13回特別版 Child Issue Seminar 「支援現場から見える子どもたちのSOS」

ボランティア

  • HOME
  • ボランティア
  • 第13回特別版 Child Issue Seminar 「支援現場から見える子どもたちのSOS」

第13回特別版 Child Issue Seminar 「支援現場から見える子どもたちのSOS」

最終更新日時:2016年6月02日 21:14 投稿作成日時:2016年6月02日 21:14

カテゴリー:子供

  • 受付状況:終了
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック1日だけでOK
開催期間2016年7月30日~2016年7月30日
募集期間2016年6月03日~2016年7月30日
お申込方法インターネット
料金一般: 2,000円 高校生・学生:500円 中学生以下:無料 グループ割引:一般の方2名以上で参加の場合、1人1,000円 (一般の方と高校生・学生で2名以上で参加の場合、一般の方のみ1人1,000円となります。)
料金補足説明※いただいた参加費の一部は、子どもたちへの支援を行う3keysの活動費として利用させていただいております。
※グループ割を利用される場合、申し込み時にグループで申し込んでください。
場所日本マイクロソフト株式会社
住所東京都東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー

担当者からのコメント

Child Issue Seminar(CIS)第13回目は、「支援現場から見える子どもたちのSOS」というテーマで開催します。

第1部 に登壇されるのは、千葉県鑑別所長で法務技官、臨床心理士である小林万洋氏。法務省に入省し少年鑑別所や少年刑務所で、20年にわたり子どもたちの非行に向き合ってきた経験と、そこから見える子どもたちのSOSについて語っていただきます。
そして第2部では、NPO法人3keysの代表理事である森山誉恵より、3keysの説明と活動報告、そして虐待や貧困などで社会資源から孤立しやすい子どもたちへの活動支援を通じて見えてきた子どもたちのSOSについて語ります。

窃盗や傷害など「非行」や「犯罪」に走る子どもたちも、引きこもりや家出など「孤立」しやすい子どもたちも、その背景には貧困や家庭環境、その他様々な問題を抱えていることがほとんどです。子どもたちの声にならないSOSに気づき、支える大人の存在があればきっとその子どもたちの未来は変わるはず。

今回は、基調講演として専門家のお話だけでなく、3keysの活動報告も聞くことができるCIS特別版です。「3keysって何?」「少年鑑別所って何をするところ?」そんな素朴な疑問をお持ちの方も、「子どもたちの支援をしてみたいけど、具体的に何をすれば良いかわからない」という方も、皆さまの疑問や想いにお答えします。
子どもたちを取り巻く問題について、まずは知ることから始めてみませんか?

━━━━━━━━━━━━
*開催概要
━━━━━━━━━━━━
■CIS特別版「支援現場から見える子どもたちのSOS」

■講師
小林 万洋氏(千葉県鑑別所 所長/法務技官・臨床心理士)
森山 誉恵 (NPO法人3keys 代表)

■内容
第1部 基調講演
「非行から見える子どもたちのSOS」 小林 万洋氏
第2部 3keys活動報告
「3keysから見える子どもたちのSOS」森山 誉恵
・3keys 活動説明/年間報告
・児童福祉施設での学習支援 実践報告
■日時
2016年7月30日(土)14時00分~17時00分 (開場13時30分)

プロフィール

名称特定非営利活動法人3keys
住所東京都 新宿区 矢来町98 スキップビル2F
TEL03-5906-5416
FAX03-5906-5417
E-mailevent@3keys.jp
担当者名森山 誉恵

紹介メディア

pagetop